新生児が退院する時どのような服装にすればいいの?

newborn-1506248_1920_R

新生児は退院時にどんな服装をしておくべき?
気になる服装についておチェックしてみましょう。

新生児の退院時の服装というのはどのようなものがベストなのでしょうか。
季節ごとに適した服装について考えてみましょう。

春や秋は基本的に気候も良いですので、そこまで気にならないと思います。
しかし、夏や冬には服装が気になりますよね。

そこで、夏や冬の退院時の服装についてご紹介します。

暑い夏の服装

夏の退院時の服装というのはどのようなものが良いのでしょうか。
夏の退院をする時に注意すべきなのが外気との温度差になります。

エアコンの効いている病院の外というのは暑い日差しが照りつけていますので、とにかく暑いです。
赤ちゃんは体温調節が苦手ですので、温度差に対応することができずに体調を崩してしまうことがあるのです。

赤ちゃんの夏の退院の場合、暑い場所はもちろんエアコンが効いている場所でも対応できるものを選ぶようにしましょう。
基本的には半袖のベビードレスです。

写真を撮ることもありますので、白、淡い色のものを選ぶと赤ちゃんらしくて良いですよ。
おくるみ、靴下で体温調節ができるようにしっかりと準備しておいて、服をあまり着させ過ぎないようにしなければなりません。

肌着は、半袖のものやコンビ肌着のものが良いでしょう。
暖かすぎる素材などでなければ、長肌着でも問題はありません。

涼しい院内であっても暑い外気に対応できるように、できるだけ通気性の良いものを選ぶようにしてみてください。

寒い冬の服装

冬生まれ赤ちゃんは退院時にどのような服装でいれば良いのでしょうか。
生まれたての赤ちゃんの体温調節の機能というのはまだまだ未発達な状態です。
そのため、気温と同時に体温も上下してしまうことになります。

冬の寒い外気に晒されてしまえば、赤ちゃんも低体温になってしまうのは避けられません。
赤ちゃんの記念すべき退院時にはしっかりと体温を維持できるものにしてあげてください。

退院時にかぎらず特にお宮参りともなれば、大半をおくるみで包まれているので、ベビードレスは必要ないと判断される方も多いみたいですね。

ベビードレスを使用しない場合には、短肌着または長肌着を着用してからツーウェイオールやカバーオールを重ねるようにしてください。

この上におくるみで包んであげるとさらに安心です。
車での移動が多いのであれば、厚着のさせすぎには注意してください。

寒い時期とはいっても病院の玄関から車まで、そして車から自宅までの間でなければ外気に触れることはないので神経質にならないようにして、着せすぎて汗ダラダラなんてことにならないようにしましょう。

では、赤ちゃんの退院時のおくるみですが、冬にはどうすれば良いのでしょうか。
退院後も何かと大活躍のおくるみですが、赤ちゃんが大きくなったとしてもお昼寝、散歩時の防寒など使い勝手が抜群ですので、必ず準備しておくようにしましょう。

体温調節が苦手な赤ちゃんにとって冬は非常に危険な季節です。
すぐに体温を奪われてしまいますので、しっかりと注意して防寒を徹底するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です