母乳育児がママにも赤ちゃんにも素晴らしい6つの理由

family-1350742_960_720

初めて赤ちゃんを育てるとき、母乳育児にするか粉ミルクにするか、悩む人も多いと思いますが、悩むくらいなら、母乳育児が断然おススメです。

母乳育児は、ママにとっても、赤ちゃんにとっても、メリットがたくさんあり、最近の研究でも、母乳育児が素晴らしいという結果が多く出ています。

理由その1 赤ちゃんに完全で完璧な栄養を与えることができる

family-1350742_960_720

母乳は、完全栄養食といわれています。

赤ちゃんが元気に育つために必要な、乳糖やたんぱく質、カルシウムやミネラル、ビタミンなどの栄養素が、ちょうどよいバランスで含まれています。

そしてその栄養素を赤ちゃんが吸収するとき、赤ちゃんの身体に負担をかけない作りにもなっています。

母乳を飲んでいる赤ちゃんは、善玉菌が増えることから、お腹の調子が良くなり、母乳には乳糖が多く含まれることから、脳の発達にもいいといわれています。

さらに、母乳は、赤ちゃんの成長の段階に合わせて、その時々で最適な成分が作られることも分っています。

例えば、未熟児を産んだママからは、ちゃんと未熟児に最適な母乳が作られるのです。

理由その2 初乳の免疫力は重要

baby-718146_960_720

母乳は、赤ちゃんに免疫力をつける働きがあります。

特に初乳は重要です。

出産して数日の間に出る、黄色いトロッとした母乳を初乳というのですが、この初乳には、生まれたばかりの赤ちゃんを、様々なウイルスから守ってくれる免疫を高める成分が多く含まれているのです。

もしも、ミルク育児をすることになっていても、できれば初乳だけは赤ちゃんに飲ませてあげることをおススメします。

理由その3 ママの産後の母体回復を促す

paternity-633453_960_720

赤ちゃんを産んだばかりの子宮は、産後、収縮することにより、母体も回復していきます。

この子宮収縮に密接にかかわってくるのが、授乳なのです。

赤ちゃんが乳首を吸うことにより、オキシトシンというホルモンが分泌されます。

オキシトシンは、子宮収縮を促す働きがあります。

つまり、授乳のたびに天然の子宮収縮剤が分泌されるわけです。

理由その4 母乳が赤ちゃんの味覚を育てる

mom-1006328_960_720

赤ちゃんがおなかを空かせて、最初に口に含む母乳は、糖分が多く甘い味になっています。

甘い味で赤ちゃんの食欲をそった母乳は、次第にタンパク質の量を増やしていきます。

そして、飲み終わり頃の母乳には、脂肪分が多く、赤ちゃんはそれにより、満腹感を得ます。

それぞれに母乳には、違った味になっていて、赤ちゃんの味覚は、そのことにより育っていくのです。

理由その5 授乳時には自然とスキンシップがとれる

授乳するときは、赤ちゃんが密着しておっぱいを吸います。

このことにより、自然な形でのスキンシップがとれ、母子の良好な関係が生まれ、赤ちゃんの情緒も安定してくるのです。

理由その6 ママの産後のダイエットを強力にサポートする

pregnant-1438139_960_720

妊娠中には食欲が旺盛になり、太ってしまうママも多いことでしょう。

このことにより、ママの身体の中には、脂肪分が蓄えられます。

この脂肪分が、乳脂肪となって母乳から出るので、母乳育児をしていると、特にダイエットを意識しなくても、自然とママの身体は産前のようにスリムな体型に戻っていくのです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です