立ち会い出産って?メリットはあるの?

ade79824e25d259a186d4b53f7fe5a00_s

立ち会いで出産をすることもあります。
この立ち会い出産のメリットはなんなのでしょうか?

最近では、立ち会いでの出産を希望している夫婦もとても増えてきています。
この出産方法を推奨している病院も多いですね。

当たり前のように立ち会い出産が行われていますが、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。
夫婦でしっかりと考えて実践するようにしましょう。

立ち会いでの出産のメリット

出産の瞬間というのは、女性にとって辛いものであり、心細く感じるものなのです。
そのようなときに付き添って、手を握ったり声をかけることができれば、妻はとても安心できるはずです。

医師や看護師にはなかなか言えない弱音や本音についても夫になら伝えやすいでしょう。
そして、新しい命が生まれる瞬間をまさに目の前で見ることができるというのは、夫にとっても様々なことを感じられるのではないでしょうか。

父親としての自覚が芽生えるのもまたこの瞬間だと言われています。
妻への尊敬、母親の偉大さを感じることができるのです。

立ち会い出産のデメリット

たくさんのメリットがある出産方法ではありますが、立ち会い出産したことを後悔している方も少なくないようです。
例えば、血液を見るのが苦手な男性の場合には、気分が悪くなってしまったり、倒れてしまうこともあります。

また、妻が痛がったり、辛い気持ちになる様子を見るのがトラウマになることもあるようです。
立ち会ってみても何の役にも立たず、むしろ倒れてしまって周囲に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

さらに、立ち会い出産をしてから妻のことを母親としか見れなくなってしまった、という男性もいるのです。
立ち会い出産がその後の夫婦関係に悪影響を与えてしまう可能性がありますので、この出産方法を選択するのかどうかはしっかりと考えておくようにしなければなりません。

話し合いが大切

妻だけでなく夫にとっても大きなプラスとなるこの立ち会い出産ですが、夫婦で十分に相談をしてから決めましょう。
立ち会うのかどうか、ビデオ撮影をするのかということもしっかりと確認しておいてください。
話し合う時には相手に自分の意見について強要をすることはあってはなりません。

どうしても意見が合わないのであれば、当事者である妻の意見を最優先にしなければなりません。
立ち会い出産をすると決定したら、出産当日だけサポートをするのではなく、妊娠中から出産について十分に学んで、一緒に出産をするという気持ちを持っておかなければなりません。

母親になる妻にとっては、出産はもちろん大変なことです。
しかし、妊娠をしている時期はずっと大変です。

つわりはもちろん、お腹が大きくなってくれば毎日の生活をおくるだけでも大変なのです。
そのため、出産当日に張り切ってサポートをする、というだけではなく、それまでにできることはしてあげましょう。
そうすることで、出産をする妻だけでなく、夫にとっても赤ちゃんを迎える準備ができますし、本当の意味で父親としての自覚を持つことができるはずです。

出産をするのは妻だからといって、サポートしないというのは絶対によくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です