出産祝いを贈る時期は?贈る前に知っておきたい注意点

1-2
1-1

親しい友達や親戚などに赤ちゃんが生まれたら、自分のことのように嬉しいものです。
嬉しくて、ぜひお祝いをしたくなってしまいます。
そうでなくても、付き合い上出産祝いを贈らなくてはならないこともあるでしょう。
でも、ちょっと待って、出産祝いを贈るにも、気を付けなければならないことがあります。
なにも考えずに贈ってしまうと、かえって不快な思いをさせてしまったりもします。
せっかく贈るなら、気持ちよく喜んでもらってほしいですよね。

 

昔から言われている贈る時期は?

赤ちゃんが生まれたからといって、すぐに贈るのは考えものです。
出産祝いを贈るには、時期があります。
昔から言われているのは、お七夜(生後7日目)からお宮参り(生後1か月目)までの間です。
医療の発達していなかった昔、赤ちゃんが生後間もなく亡くなってしまうことも多かったので、生後七日目に赤ちゃんが無事に育っていることをお祝いしたのがお七夜です。
お宮参りは、生後1か月目に、神様に赤ちゃんの無事を報告し、これからの健康を祈願する風習です。

 

今どきの贈る時期は?

1-2

実は、昔ながらの風習と、今どきのマナーは微妙に違ってきています。
今は、ほとんどの人が、産院で赤ちゃんを産み、1週間から10日ほど入院することもあります。
そうなると、お七夜に間に合うように贈るというのは早すぎるし、退院後すぐもまた落ち着かないしで、これもまた早すぎるようです。

 

持参する?

1-3

そして、どうせなら赤ちゃんの顔も見たいと、主産祝いを持ってお祝いに駆けつけるというのも、考えものです。
入院中は、ママが出産と始まったばかりの育児で疲れ果てているし、退院後は実家で過ごす人も多いようなので、親戚や子供の頃からの幼馴染でもないと、実家に訪ねていくというのもなかなかできません。

 

いつが相手にとって都合がいいか?

出産祝いをもらったら、基本的にお返しとして、内祝いを贈ります。これが通常、お宮参りの後に用意して贈ることとなっています。

となると、この時期を過ぎて出産祝いが贈られてきたら、内祝いを買い足してまた贈らなければならなくなり、手間が増えます。
小さな赤ちゃんがいる家庭は、ただでさえ忙しいので、なるべく手間は減らしてあげたいですね。
だから、少なくともお宮参り、つまり生後1か月までには贈るのがベターです。

 

出産祝いに理想的な贈る時期と方法は?

1-4

理想的には、退院後1週間くらい、つまり生後2週間くらいから、1か月くらいの間に先方の都合も考えて、郵送するのが、一番いいです。

 

赤ちゃんの顔を見に訪ねて行くのは?

退院後1か月を目安に実家で過ごすママが多いことを考えると、赤ちゃんの顔を見に訪ねて行くのは、自宅に戻ってしばらくして、落ち着いた頃がいいでしょう。
そして、ママ一人のときは、赤ちゃんの世話で忙しく、客をもてなす余裕がないことも多いので、パパもいる日を選んで訪ねましょう。

 

ごく親しい友人や親戚なら?

ただ、ごく親しい友人や親戚である場合は、その付き合いの程度によって訪ねていく時期も違ってきます。
それでも、先方の健康状態を確認したうえで訪ねるのがいいでしょう。

 

絶対に贈ってはいけない時期

1-5

理想的なのは、内祝いを贈る時期に間に合うようにですが、うっかり忘れてしまったら、仕方がないので遅れてしまっても、そこまで悪いことではありません。
でも、もうすぐ赤ちゃんが生まれるから、と先回りして、赤ちゃんが生まれる前に出産祝いを贈るようなことは、絶対にしてはいけません。
万が一悲しい結果になってしまったとき、取り返しのつかないことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です