里帰り出産の病院選びはどうすれば良いの?

5

里帰り出産での病院選びのコツをご紹介します。
上手な里帰り出産をするには。

里帰り出産における病院選びというのはどのように行うべきなのでしょうか。
まずは家からの距離を考えたうえで産婦人科を絞るようにしましょう。

実家から産婦人科までの距離を考えましょう。
大半の場合には臨月前後に実家に帰ることになると思います。

実家に帰ってからは、出産をする産婦人科において検診を受けることになります。
臨月の時にはお腹が大きくなっているので、自分で思っているよりも移動がかなり大変になります。

さらに急に破水してしまったり、産気づいてしまった時には病院までの距離が遠ければそれだけ移動が大変です。
そのため、どれだけ評判が良いとしても、20分以内で行ける病院を選ぶようにしましょう。

また、移動手段に関しても、できるだけ簡単であり、尚且つ乗り換え等のない便利交通手段を選ぶようにしてください。

 

出産スタイルで絞る

自分がやりたい出産スタイルのあるところを絞るようにしてください。
基本的に分べん室において仰向けになって出産するのが一般的でした。
しかし、近年では出産スタイルも色々なものがあります。

水中で出産を行う水中出産や、ソフロロジー分娩などがあります。
和痛分娩や無痛分娩などもありますが、これは病院によって行われていないこともありますので確認しておくようにしましょう。
やりたい出産スタイルはその病院で行うことができるのか、病院のホームページだけでなく電話での問い合わせなどで早い段階ではっきりとさせておくようにしましょう。

 

その産婦人科の特徴などで絞ってみる

個室なのか、それとも大部屋なのか選べる病院がおすすめです。
個室だけの産婦人科も増えてきてはいますが、未だに大部屋の産院が多いです。

申込時には個室だったにも関わらず、当日に出産が重なって大部屋になってしまう、ということもあるのです。
産後には気を使わずにすむ個室を希望するのであれば、個室だけの産院を選ぶようにしてください。

ただし、個室にもいくつかランクがあって、グレードによって驚くほど高額な個室もありますので、事前にチェックをしておくようにしてください。

母子同室なのかも重要です。
産後すぐに母子同室になる場合もあれば、状況次第で体の回復を最優先させてナースステーションにおいて預かってくれるところもあります。
母乳育児の考え方なども産婦人科によって大きく異なりますので、しっかりとチェックをしておくようにしてください。

手ぶら入院できるかも重要です。
というのも、出産で大変な時に準備をするというのはかなり辛いものです。
そこで、パジャマから下着、おむつなども用意してくれる病院を選ぶのも良いですね。

金額に違いはありますが、大きな荷物を準備するのも、持っていくのも嫌な人には魅力的なサービスなのではないでしょうか。
このように、産婦人科医院によってその特徴も違えば、ウリにしていることも違います。
そのため、里帰り出産を行うのであれば、その前に自分がどのような産院で出産をしたいのか、ということを十分に把握したうえで選んでおくようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です