「一子産むと一歯失う」ってホント?妊婦と虫歯の関係は?

pregnant-woman-1130611_960_720

妊娠したことのある人なら、「一子産むと一歯失う」という言葉を一度は聞いたことがある人も多いでしょう。

これは昔からよく言われている言葉で、妊娠すると、お腹の中の赤ちゃんがママのカルシウムを奪ってしまって、虫歯になりやすくなる、ということを意味する言葉です。

でも、実はこの言葉は全くの迷信で、妊娠中のママが虫歯になりやすいのは、カルシウムのせいではありません。

ママが虫歯になりやすい理由をきちんと知って、対策をすれば、虫歯は予防できます。

「一子産むと一歯失う」のウソ

images (3)

骨はカルシウムの貯蔵庫の役割をしています。

だから、血液中のカルシウムが不足すると、骨のカルシウムが血液中に流れてしまって、骨がもろくなります。

このことからの誤解なのでしょうが、歯に関してはそのようなことはありません。

歯のカルシウムが血液中に流れることはないのです。

だから、赤ちゃんがママのカルシウムを奪ってしまって、虫歯になりやすくなる、ということは起こりえません。

「一子産むと一歯失う」は全くの迷信です。

なぜ妊婦は虫歯になりやすいのか?

pregnant-woman-1130611_960_720

でも、妊娠すると虫歯になりやすくなってしまうのも事実です。

理由はいくつかあげられます。

唾液の性質が変わる

妊娠するとホルモンバランスが変わり、唾液の性質も変わってしまいます。

口の中に粘り気が出やすくなり、歯垢も増えてしまいます。

口の中が酸性になってしまう

ホルモンバランスの変化と、妊娠すると、すっぱいものを好むようになることから、口の中は酸性になりやすくなってしまいます。

酸性になってしまうと、口の中が炎症を起こしやすくなり、虫歯菌も増殖しやすくなってしまいます。

つわりで歯磨きがきちんとできない

toothbrush-313768__180

妊娠につきものなのが、つわりです。

つわり中は、口の中に何かを入れると、吐き気がして歯ブラシを入れることさえなかなかできない人も多くなってしまいます。

食事が不規則なことから、口の中が汚れやすい

つわり中は、なかなか食事がとれず、回数を分けて少しずつ食べる人も多くなります。

そうなると、口の中に食べ物が入っている時間が多くなり、必然的に、口の中も汚れやすくなってしまいます。

どうしたら、虫歯を予防できるのか?

images

では、どうしたら虫歯を予防できるのでしょうか?

それは、原因をきちんと理解し、それについての対策をすればよいのです。

・ダラダラ食べたり飴をなめたりするのを控える

・食後にはキシリトールのガムを噛み、唾液の発生を促す

・できるだけ頑張って歯磨きをする

・歯科健診を受ける

以上のようなことに気を付け、虫歯を予防することが大切です。

ママの虫歯の予防は、安産と赤ちゃんの虫歯予防にもつながる

images (1)

妊娠中のホルモンバランスの乱れから、口の中が酸性になり、炎症を起こしやすくなります。

歯茎が晴れたり赤くなったりして、歯周病にもかかりやすくなります。

歯周病にかかっているママの出産は、早産や低体重児出産のリスクが、そうではないママに比べて約7倍も高くなるという報告もあります。

また、ママが虫歯にかかっていると、ママの虫歯菌が赤ちゃんにうつってしまうこともあり、赤ちゃんが虫歯になってしまうリスクも高くなります。

これらのことから、妊娠中の虫歯予防は、ママと赤ちゃんのためにも必須といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です