フリースタイル分娩って?どんな分娩方法なの?

999

フリースタイル分娩のメリットって?
人気の分娩方法についてご紹介します。

フリースタイル分娩というのは最近になって注目されています。
ではこの分娩方法のメリットというのはどのようなものなのでしょうか。

フリースタイル分娩というのは決められた姿勢ではなく、自分の好きな姿勢で出産することができます。
四つん這いになることもありますし、綱につかまったりといって色々な体勢になります。
立ったままの状態で出産する人もいるんですよ。

分娩台において出産をする場合には医師や助産師さんの言われるがままにするので自分の希望する方法で分娩することは不可能です。
さらに周囲にいる人に気を遣ってしまい、受け身の状態になってしまうことが多いわけです。

しかし、フリースタイル分娩なのであれば自分のしたいように産むことができますので、よりお産に集中することができるのです。
母体にかかる負担が小さいことで、赤ちゃんもまた精神的に安心することができるようになり、血液の流れも良くなるといわれているんですよ。

分娩台において出産をすると赤ちゃんというのは産道を上に進んでいくことになります。
そのため、体にかかる負担が大きくなるといわれています。

フリースタイル分娩の場合には普通の姿勢よりも赤ちゃんが産道を進みやすいのが最大のメリットであるといえます。
ただし、このような分娩方法にもデメリットはあります。

フリースタイル分娩という方法を取り入れない病院もあります。
そのため、通院している病院においてフリースタイル分娩を採用しているのかどうかを確認しておかなければなりません。

妊娠初期なのであれば問題もありませんが、妊娠中期、後期になってから病院を変えるというのは精神的な負担も大きくなってしまいます。
途中から病院を変えなくて良いように、フリースタイル分娩を取り入れている病院をしっかりと選ぶようにしてください。

また、助産院でも検診を行うことはできますが、超音波検診、血液検査というのは病院で受けることになります。
そして助産院で出産をする場合には万が一の時には病院での出産に切り替えます。
助産師の判断次第で子供だけでなく母体にも危険を与えてしまうことがあります。

助産院では医療行為を受けることができませんので、万が一の時に提携しているどの病院にサポートしてもらうのかをチェックしておきましょう。

フリースタイル分娩ができない

どれだけフリースタイルでの出産を望んでいたとしても、母子の状態次第では実現できないこともあります。
過去に帝王切開をした経験がある人や、異常出産の経験のある人、高齢出産などに該当する場合にはフリースタイルではリスクが大きいので選択できないことも多いわけです。

また、赤ちゃんが小さすぎる場合や、お母さんが低身長である場合にもフリースタイル分娩を選択することができない場合があります。
このように理想としている分娩方法を選択できないこともあるということをよく覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です