これはやばい!子育てのストレスがもたらす危険な精神病3選

少年

子育てに奮闘中のママ、もしかして育児にストレスを感じているのではないでしょうか?

子供というのは自由ですし、泣きたい時は泣き、笑いたい時は笑い、怒る時は感情を抑えないからめちゃくちゃ激しく怒ります!

 

そんな育児に翻弄されていると、ストレスが溜まってくるのは必然とも言えます。

むしろストレスを溜めずに子育てすることは、不可能に近いですよね。

しかし、ずっと子供と一緒に自宅に籠っていると、心の病気になってしまう方も多くなります。

 

現代人は特に心の病気に対する耐性が低いと言われているため、注意しておきたいです!

今回は危険な精神病について紹介します。

少年

子育てストレスによる精神病:うつ病

子育てのストレスによって発症してしまうことが多い病気と言えば、うつ病です。

最近、「何をしても楽しくない」という方や「今まで元気に過ごしていたのにどうしても元気が出ない」という方、いませんか?

 

うつ病になってしまうと、何もかも悲観的になってしまって、場合によっては何もできなくなってしまいます。

そして、子育て中で恐ろしいのは、何もできないことによって育児放棄やネグレクトに繋がってしまうということです。

 

そして、それを自分のせいだと思い込み、最終的には自分すらも嫌いになってしまうママが沢山います・・・・悲しいことですよね。

適度に気分転換して、割り切っていくことも重要です。

 

子育てストレスによる精神病:躁うつ病

精神病と聞くとうつ病とばかり思ってしまいますが、実は躁うつ病などもとても多いです。

躁うつ病というのは、楽しい時は気分がとても高揚してしまって自分でも抑えられないくらいになり、逆に悲しい時などは気分が激しく落ち込むことがある病気です。

 

うつ病に比べて落差が激しいので、衝動的に自殺などを考えてしまうママもいるため、最適なケアが必要となる心の病気だと言えるでしょう。

また、普段は元気に見えるため、落ち込んでいる時なども「そういうこともあるよね」と流してしまう方も多い病気です。

 

また、躁うつ病のママは子供に対して暴力的になってしまうこともあるため、周りがしっかりサポートしてあげなくてはならないものです。

旦那や夫の献身的なサポートが必要となる病気だと言えるでしょう。

 

子育てストレスに夜精神病:社会不安障害

子育て中はずっと家にいることが多いため、世の中に置いて行かれたような気持ちになるママも少なくはありません。

中には人間関係を断ち切ってしまって、自ら孤独になっていくママもいるくらいです。

そうなると、次第に社会に対して恐怖心や不安を抱くようになってしまいます。

 

俗に社会不安障害などと呼ばれるこの病気は、一度発症してしまうと再発率も高いものと言われています。

モヤモヤとした気持ちになることが多く、何事に対しても不安が拭えなくなってしまう病気なので、子育て中には気を付けておきたいものです。

 

子育て中は社会から隔絶されたような気持ちになりますが、定期的に外に散歩に出たり、買い物に行ったりするなど、気分転換できる環境を整えていくことが重要です。

 

 

 

心が耐えられなくなった時、精神病になってしまう方が多いです。

子育てはストレスが溜まるものですし、イライラするものです。

それをどうやって割り切っていくかが、ママには必要なことだと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です