妊娠中にお葬式に出席するのは問題なし?

d59a3fcf0707ceb9f82a4fd7bae450b5_s

妊娠中にお葬式に出席するのは大丈夫なのでしょうか?
妊娠中のお葬式について考えてみましょう。

妊娠中にお葬式に出なければならない…
そのようなこともありますよね。
妊娠中には普段とは体型、体調も万全な状態ではありません。

人の死と向き合うお葬式に出席をする場合には、妊婦さんにはいくつか注意すべき点があります。
妊婦さんがお葬式に出席するポイントについてご紹介します。

まずは体調が最優先!

妊婦のお葬式への出席の際には、体調をなによりも優先して決めなければいけません。
葬儀というのはその大半が急なものです。
そのような場合に、自分は妊娠をしているけどお葬式に行ってよいのか、と迷ってしまいます。

妊婦さんは、まずは自分の体調をなによりも優先して、お腹がハリやすい場合にはお葬式に参列するのは辞退するというのも1つの選択だといえます。
妊娠初期のつわりの時期や、お腹が大きくなる後期には慎重に行動しなければなりません。
親しい間柄でない場合にも、辞退するのが良いでしょう。

ほとんど面識のない方、遠い親戚のお葬式に、妊娠で大変な時期に出席する必要はありません。
また、お葬式というのは人が多く集まりますので、感染症にかかりやすくなる、というリスクもありますので、その点も十分に考慮しなければなりません。

特に冬場には葬儀が多い時期になりますので、会場でインフルエンザなどに感染することもあります。
そのようなリスクを避けるためにも、親しい人でなければ辞退をするという選択肢も考えなければなりません。

お腹に鏡を入れる

妊婦さんがお葬式に出席する時、古くからお腹に鏡を入れるように言われていますね。
妊婦さんはそもそもお葬式に出ることがタブー視されていたのですが、このような人が多く集まる場所は霊もまた集まってきます。

その霊が赤ちゃんに悪さをするので鏡をお腹に入れて霊が寄り付かないようにするのです。
妊娠中でも故人との別れをしたい、というのであれば念の為に鏡を入れておくようにしましょう。

お葬式に着る洋服は?

お葬式に参列する時に困るのが洋服ですね。
妊娠の4ヶ月くらいでもお腹がふくらんできますので、これまでのスカートでは全く入らなくなることがあります。

ワンピースを着る時にお腹が大きくて背中のファスナーが閉まらないことがあります。

ただし、たった数回しか着ていないマタニティ用のブラックフォーマルを購入するというのはもったいないですよね。
では、どのようなファッションで参列をするとマナー違反だと言われないのでしょうか。

まず、ヒールのある靴というのは3センチ程度に抑えておきましょう。
お葬式などのフォーマルな場所においてヒールのない靴を履くというのは良くありません。
そのため、最低でも3センチ程度のヒールの靴を選ぶようにすべきだといわれています。

しかし、妊娠していない時の話であって、妊婦さんは該当しません。
妊婦さんが高いヒールを履いて転んでしまったり、怪我をしたりすれば妊婦さんに対しても、そして胎児にも悪影響を与えることになりますので十分に注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です