妊娠中に足がつってしまうのはどうして?

c5b9e1662682c8885d272c239bbf8050_s

妊娠中に足がつるのはどうしてなのでしょうか。
妊娠と体のトラブルについてご紹介します。

足がつってしまうというのは、強烈な痛みを感じますので、その痛みをどのように抑えれば良いのか困ってしまいますよね。
就寝中に足がつってしまって飛び起きた経験のある方も多いでしょう。

では、妊娠中に足がつってしまうのはどうしてなのでしょうか。
実はお腹が大きくなったり、筋肉の動きが関係することもありますので、対処法などについてもチェックしておきましょう。

そもそも、足がつっている状態というのはどのような状態をいうのでしょうか。

足がつるって?

足がつるというのは、筋肉の痙攣、収縮が起きているからです。
しびれを感じる症状のこともありますし、その痛みというのは少しずつ異なります。
つっている状態が改善されるまでは足を動かしにくい状態になるのです。
こむら返りの時にふくらはぎを触るとわかるのですが、筋肉が固く張っている状態なのです。

体の中でつりやすい部位というのは、ふくらはぎや太もも、足首や足の腱などにも起こりやすいです。
下半身は血液の流れ、冷えといったものにも影響されやすくなりますし、体を常に支えている部位ですので、つりやすくなってしまうのです。

妊婦さんの足がつりやすいのはどうして?

では、妊婦さんの足がつりやすい原因というのはどこにあるのでしょうか。
お腹の赤ちゃんが大きくなることによって、お母さんの体重も増加します。

お腹が大きくなればなるほど足で支える体重というのは増加します。
足の筋肉の負担もそれだけ大きくなるのです。

足だけでなく下半身全体に負荷がかかってしまうと血液循環が悪化してしまい、体が冷えてしまったり、筋肉に必要な栄養分が行き渡らなくなるとつりやすくなるのです。
足に疲労が溜まっているということは、体全体に疲労が蓄積してしまっている可能性が高いということです。

足がだるくなっていたり、疲労感を感じるような場合にはウォーキングやマタニティヨガといった運動は控えるようにして自宅でゆっくりと過ごすようにしてください。
家事や仕事に関しても無理のないように行うようにしてください。

栄養不足

足がつるのは、ミネラル分が不足している可能性があります。
妊娠中には赤ちゃんが栄養分を補給するので、バランスのとれた食生活をおくるようにしましょう。

中でもカルシウムやマグネシウムのような筋肉の働きをスムーズにする栄養分を積極的に摂取するようにしてください。
カルシウムというのは、青魚に多く含まれていますし、マグネシウムは豆類、海藻類に豊富に含まれています。
このような栄養分を積極的に摂取するようにしましょう。

また、夏場のように汗をたくさんかく時にはミネラル成分が失われやすいので足がつりやすくなるのです。
汗をかいた時にはミネラル分が含まれている飲料から水分とミネラルをしっかりと補給するようにしてください。

このように、普段から栄養分を積極的に補給することによって、妊娠中に足がつるという症状を予防、改善することができますので試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です