妊娠と咳による胎児への影響

555

妊娠中に咳が出る場合には注意が必要です。
妊娠中の咳と胎児への影響についてご紹介します。

妊娠中の咳というのは胎児に悪影響を与えることがあります。
妊娠中には免疫力が低下している状態ですので、どうしても風邪を引きやすくなります。
そして風邪を引いてしまい咳がひどくなると赤ちゃんへの影響が気になるのも当然です。

また、つわりによっておこる吐き気が原因となって咳が続くということもあります。
妊婦は喉が乾きやすい状態ですので、誰もが注意しなければならないのです。

妊婦さんで咳が続いている場合には、赤ちゃんへ酸素を送る力が不足してしまうので、赤ちゃんが酸欠状態になってしまうと考えられます。
酸欠状態になると、奇形児、脳の障害といったものが引き起こされてしまうことがあります。
咳が酷くて続く場合には、なるべく早い段階で対処をするようにしなければなりません。

・妊娠中には咳で腹痛を起こす?

咳はくせになりやすいもので、腹筋を酷使しますので腹痛を感じる人もいます。
では咳がなぜ赤ちゃんに対して悪影響を与えるのかといえば、咳をするたびに腹圧が赤ちゃんにかかるからです。

腹圧という力がかかりすぎると、どうしても早産、流産、子宮頸部が短くなるといった症状が出るようになってしまいます。
そして子宮頸部が短くなることで胎児が体外に出てしまう可能性も高くなるのです。

では、妊娠中に咳止めを飲むことができるのでしょうか。
まず、妊娠中ですので自己判断で市販薬を飲むのはおすすめできません。

市販薬の注意書きなどにも妊娠中には服用を避けるように書かれているものも多いです。
さらに書かれていなくても、医師に相談をしてから服用するようにしましょう。

また漢方薬の場合には赤ちゃんの身体にかかる負担も小さくて済むといわれているのですが、体質、症状に合わせて服用しなければなりません。
薬剤師や医師に相談をしてからにしてください。

・妊娠中の風邪予防について

妊娠中に市販の風邪薬を服用せずに済むようにするにはどうすれば良いのでしょうか。
妊娠中に風邪を引いてしまうというのは、どれだけ注意をしていてもあり得ることではあります。
では妊娠時の風邪を予防するポイントを抑えておきましょう。

咳が出ている時には、とにかく首を温めるようにしてください。
マフラーやスカーフといったものを使用して首元を温めることで喉にいるウイルスが増殖するのを防ぐことができます。
さらに喉が温まるので咳も出やすくなるのです。

冬などの寒い時期にはもちろんですが、夏などエアコンで身体が冷えやすくなる時期にも意識をして喉を温めるようにしてください。
また、生姜湯やはちみつ入りのドリンクを飲むようにしてください。
生姜は身体を芯から温めることができますし、免疫力を高めることができます。
さらに、喉の炎症を抑える働きもあります。

はちみつには殺菌作用がありますし、喉を潤わせる働きがありますので積極的に服用しましょう。
生姜とはちみつの組み合わせというのは咳や風邪予防においては非常に効果的ですので毎日の生活の中で意識を摂取するようにしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です