妊娠をするタイミングは?ベストな家族計画ってなに?

363093c085eda22dcdd4a312c14aa660_s

子供を育てるなら家族計画が重要!
家族計画と妊娠のタイミングについて考えてみましょう。

1人目を出産してある程度子供が育つと、2人目を考えるようになります。
ここで気になるのが、1人目と2人目では何歳差がベストなのか、ということです。

この何歳差がベストなのか、というのは正解はありません。
授かりものですし、家族によってベストのタイミングというのは異なるからです。
それぞれの家族にベストなタイミングがありますので、それに近い形で計画を立てるようにしましょう。

それでは、兄弟の年齢差が近い時、そして離れている時のメリットやデメリットについてご紹介します。

1歳から3歳差

1歳から3歳差というのは、子供が二人とも小さいうちはかなり大変です。
しかし、二人が同じタイミングで大きくなっていくので、手がかかる時期が過ぎればもう後は楽です。

また、子供同士が仲良くなりやすいです。
保育園などで割引が受けられることもあります。

そして将来的に最も仲良しで信頼できる関係を築くことができる可能性が高くなります。

年齢の近い兄弟のお母さんは毎日大忙しです。
小さいうちはとにかく体力勝負です。

下の子が生まれてからしばらくは、自分の時間なんてほぼありません。
仕事をしているお母さんの場合には、産休をとることも多いと思いますが、子供二人の年齢が近いとそのまま産休をとることもあります。
育児に専念できるのですが、同時にブランクが長くなってしまいます。

4歳以上離れている場合

年齢が離れていると、子供1人にじっくりと時間をかけることができます。
そして行事が重ならないのも嬉しいですよね。
年齢が近い場合よりもある程度の余裕をもって育児できるというのは魅力的なのではないでしょうか。

年齢が近い時よりも、上の子の赤ちゃん返りが激しくないと言われています。

しかし、長期間育児が終わらないのでなかなか大変です。
また、二人目を授かった頃には年齢を重ねているので、体力的な辛さを感じてしまうことがあるかもしれません。

子供が小さい期間というのは行動が制限されるものです。
このような期間が長く続くというのはやはりデメリットだといえます。

年齢差があくと、経験値を活かすことができなくなるというデメリットもあります。
一人目で色々な経験をしていたにも関わらず、二人目を育てる時にはすでに経験したことの大部分を忘れてしまっていることもあります。

そのため、経験したことを活かしにくいということになるのです。

このように二人目の年齢が近いのか、それとも離れているのかというのは育児をするお母さんにとっても大きく関係してきます。
育児をするお母さんの体力的な負担、そして兄弟間の関係性といったものを考えたうえでしっかりと計画的に出産しなければなりません。

最近では一人っ子というのも珍しくありませんが、兄弟を作ってあげたい!
そのように思われているのであれば、家族計画について十分に考えておく必要があります。
年齢差を考えずに作りたい時に作る!
そのように考えていると、子育てに追われて毎日大忙しの生活を送って疲れ果ててしまうことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です