妊娠中の食生活はどんなことに注意すべき?

thai-food-518035_640

妊娠中には食事で注意しなければならないことがあります。
妊娠中の食事とその注意点についてご紹介します。

妊娠中というのは安定期という時期であっても、体調の変化によっては食事を摂ることができないこともあります。
しかし妊婦さんというのはお腹の中に新しい命が宿っているのですから、健康的な赤ちゃんを産むためにも食べるということがとても重要になるのです。

とはいっても、これまでと同じだけの量を食べることはできないこともあるでしょう。
そして体重の増加が気になって控えめにする人もいるかもしれません。
栄養バランスを気にしつつ、どうすれば食べられるようになるのか、ということを考えてみましょう。

妊婦さんが食べ物に気を配らなければならない理由

妊婦さんの食事というのはそれがそのまま胎児に栄養分として運ばれていきます。
どのように食べるものに気を配ればよいのでしょうか。

つわりが落ち着いて、物を食べられるようになったらできるだけ栄養には気をつけてください。
とはいっても、妊娠後期になって子宮が上部へと移動するので食事が食べられなくなる、ということもあります。
胃もたれをすることもあるのです。

そこで、まずは今口にしているものについて気をつけるようにしましょう。
赤ちゃんを授かったら意識すべきなのが口にしている食べ物、飲み物に敏感になることです。

美味しくても添加物にまみれている食事を摂取するよりも、添加物は少ない方が良いですよね。
コンビニの弁当などよりも手作りのものの方が添加物が含まれていないので、安心して食べることができます。

お母さんが食べるものが赤ちゃんの体を作りますので、口にしているものが赤ちゃんに良いものか、良くないものかというのを考えるようにしてください。
ただし、神経質になり過ぎるのは良くありません。
そのため、1日のうちに1回は間違いなく安心して食べられるものを食べる、ということを目標にしていきましょう。
そしてそれを少しずつ増やしていくようにしてください。

もちろん、つわりの時期というのは物を食べられないのは当然ですので、水分補給だけは徹底してください。

つわり中には栄養バランスよりも、食べられるものをとにかく食べる!
というのが基本です。

葉酸は摂取すべし

妊婦さんにとって食事は重要ですが、食べられない時期には葉酸をしっかりと摂取しましょう。
妊娠初期に意識して摂取すべき栄養分のひとつが葉酸なのです。

葉酸というのは胎児の体をつくるうえで欠かせない栄養素なのですが、普段の食生活の中で十分に摂取することができないものです。
葉酸には胎児の神経管閉鎖障害の発症のリスクを低くすることができるということも分かっています。
そのため、できるだけ妊娠に気がつくよりも前から摂取するようにしましょう。

葉酸は熱、酸素、水に弱いため、調理をするとその大半が失われてしまいます。
そのため、効率良く摂取するにはサラダがおすすめですが、サラダを毎日食べるのは大変です。
そこで、葉酸だけはサプリメントなどから意識して摂取するようにしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です