妊娠中のアルコールはどうしていけないの?

43128b0464fcf9a3978ce4fb23676b81_s

妊娠中のアルコールというのはどうして良くないのでしょうか。
妊娠とアルコールの関係性について考えてみましょう。

妊娠中というのはアルコールを控えるように言われますよね。
しかし、アルコールがとにかく大好きな方も多いと思いますが、妊娠中にアルコールを摂取する人というのは少数派でしょう。

近年ではノンアルコール飲料も増えていますので、ノンアルコールなら良いだろう!そう思われる方も多いと思います。
ノンアルコール飲料なら本当に大丈夫なのでしょうか?
まずはアルコールを摂取しない方が良い理由について考えてみましょう。

妊娠中のアルコールが良くないのはどうして?

妊娠中にアルコールを摂取した場合、胎盤を通してそのアルコールは赤ちゃんに運ばれていきます。
アルコールというのは肝臓で分解されるのですが、体の機能が十分に働いていない赤ちゃんは肝臓も未発達ですので、体に入ったアルコールを分解するまでには時間がかかります。

お腹の赤ちゃんの体に負担をかけることになりますし、アルコールが赤ちゃんに悪影響を与えてしまうのは当然です。
医師によっては、コップ1杯程度のアルコールであれば摂取しても構わないということもあるようです。
しかし、少量でも赤ちゃんに影響がないとは言い切れませんので、やはりアルコールの摂取は控えるようにすべきです。

アルコールが赤ちゃんに与える影響

妊娠中に飲酒をすることで、胎児性アルコール症候群を発症する可能性が高くなってしまいます。
体重や身長が十分でなかったり、成長が遅れてしまう、小頭症などといった容姿におけるトラブルが起こりやすくなります。
赤ちゃんが胎児性アルコール症候群を発症したとしても治療する方法はありません。

妊娠超初期というのはお母さんも妊娠をしていることに気づかないことも多いですので、アルコールを過剰に摂取してしまうこともあるでしょう。
しかし、それが原因で流産してしまうことも少なくないのです。
妊娠を考え始めた時点でアルコールの摂取量は控えるようにした方が良いでしょう。

では、ノンアルコール飲料なら影響はないのでしょうか。
お酒が大好きな方ならノンアルコール飲料で我慢する、ということもあると思います。
しかし、実はノンアルコール飲料も控えるべきです。

ノンアルコール飲料というのは、アルコール度数が1%未満のものです。
低濃度ではありますがアルコールが含まれているということですので、毎日のように飲んでいるとお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまう可能性が高いのです。

そのため、飲むのであればアルコール度数0.00%のものを飲むようにしてください。
また、料理に使用するお酒やみりんですが、これらに含まれるアルコール分が気になるという方も多いでしょう。
しかし、これらのアルコールは加熱することで飛ばすことができるので問題はありません。
ただ、洋酒を使用したケーキなどは避けるようにしてください。

やはり、理想としては妊娠をしているのであれば、アルコールは一切摂取しないようにしてください。
アルコール、カフェインなど妊娠中に避けるべき成分というのはいくつもありますので、それらを十分に把握したうえで摂取しないように心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です