知っておこう!なぜ赤ちゃんに紫外線対策が必要なのか?

baby-712897_960_720

外で遊んでよく日焼けした子供が健康の証だったのは、ひと昔前のこと。

今は紫外線の悪影響が一般的に知られるようになっています。

紫外線量の多くなってくるこれからの季節、紫外線対策は必須です。

女性なら、何かしらの紫外線対策はしているでしょうが、実は赤ちゃんにこそ、紫外線対策が必要なのです。

紫外線のことを理解しよう

sun-687707__180

紫外線の悪影響はよく知られていますが、ここで一度紫外線についておさらいしてみましょう。

まず、実際に私たちの身体に影響する紫外線にはA波とB波があります。

紫外線A波

B波より波長が長いのがA波です。

雲や普通の窓ガラスも通ってしまうので、地表に届く紫外線の9割はA波です。

A波には、急激な刺激はないのですが、その波長の長さから皮膚の奥まで浸透して、蓄積していきます。

そして、シミやシワ、肌のたるみなど、光老化を促進させてしまいます。

紫外線B波

B波はA波より量が少なく波長も短いのですが、肌に与える作用が強く、少し当たっただけでも肌が赤くなるなど急激なダメージを与えます。

そして、数日後には色素沈着を促し、肌を黒くしてしまいます。

しかし、オゾン層や雲に遮られると、地表まで届かなくなります。

UVケア用品にある表示の意味は?

sun-protection-148363_960_720

UVケア用品には、SPFとPAの表示があります。

SPFはB波を防ぐ指数で、PAはA波を防ぐ指数です。

つまり、日差しが強い日には、B波を防ぐSPFの値を目安にしてUVケア用を使い、曇っていてB波の届かない日にはA波を防ぐPAの値を目安にして使うといいでしょう。

この意味を正しく理解し、必要に応じてUVケア用品を利用していきましょう。

なぜ赤ちゃんにも紫外線対策が必要なのか?

baby-623417_960_720

赤ちゃんの肌はまだ薄く、バリア機能も十分ではありません。

さらに、細胞分裂が盛んで身体が成長しているので、紫外線の影響を受けやすいのです。

これらの点から、むしろ成人した大人よりも紫外線対策が必要といえます。

紫外線の影響は肌に蓄積されていくので、今はなんともなくても、10年後、20年後にシミやシワ、免疫力の低下など、影響を及ぼしていきます。

実は紫外線には良い点もある

sky-383823_960_720

ここまで、紫外線の悪影響について述べてきましたが、実は紫外線には良い点もあります。

紫外線は肌でビタミンDを作る働きがあるのです。

ビタミンDは、骨にカルシウムを吸収するときに必要なビタミンです。

ビタミンDが不足すると、カルシウム不足で足などの骨が曲がってしまう「くる病」にかかってしまうリスクが高くなります。

紫外線とどのように付き合えばいいのか?

baby-712897_960_720

赤ちゃんには紫外線対策が必要です。

でも、ビタミンD形成にためにも紫外線に当てることも大切です。

ビタミンD形成には、1日15分程度紫外線に当たればいいので、少しのお散歩くらいで十分です。

ただし、日差しの強い日に長時間外にいるときなどは、UVケア用品や帽子、日傘などを上手に利用して、紫外線対策をしましょう。

赤ちゃんに使えるUVケア用品も多く市販されているので、必要に応じて使ってみましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です