私、妊娠してる?気になる妊娠超初期症状と兆候について

images (5)

妊娠を望む女性にとって、妊娠しているかしていないかは常に気になるものです。

身体の少しの変化も気になって仕方がなくなってしまいます。

「生理予定日の1週間後」といわれている妊娠検査薬を使えるまでの期間、妊娠しているかしていないかでドキドキしてしまいますね。

ここでは妊娠超初期症状について紹介していきましょう。

妊娠超初期とは?

baby-1296409_960_720

妊娠周期は、最後に生理のあった初日を「0週0日」と数えます。

つまり、正確にいうと最初の頃は妊娠していません。

それから数えて2週目に排卵がはじまり、受精し、着床するのが3週目くらいです。

この時期に体の変化を感じる人が多くなってきます。

そして、妊娠検査薬を使えるのが生理予定日から1週間後なので、この頃が妊娠4週目となります。

妊娠超初期とは、0週から4週までをいいます。

少量の出血がある

images (6)

妊娠超初期の着床のとき、少量の出血がある場合があります。

この出血の時は、痛みを感じることもありますが、通常の生理の時とは違い、少量で3日くらいでおさまります。

色も通常の生理の時よりも鮮明な色だったり、薄い茶色だったりといつもとは違う色になります。

生理予定日と時期が近いため、生理と勘違いしやすくなってしまいますが、事前に理解しておくことで、妊娠の兆候に気づきやすくなります。

おりものが変化する

妊娠超初期には、おりものも通常とは違う形状になります。

いつもは粘り気のあるおりものが、白や透明のサラサラしたものに変化します。

このおりものの変化は、妊娠によるホルモンバランスの変化から起こることといわれていて、匂いも普段より少ないか、無臭のものになります。

下痢や便秘

妊娠によるホルモンの分泌から、下痢や便秘になることがあります。

いつもより長期にわたって下痢や便秘が続くようなら、妊娠の可能性があります。

安易に薬を飲んだりしないように気をつけてください。

腹痛

生理時にも腹痛を感じる人が多いことから、生理前と勘違いすることもあるのですが、妊娠超初期にも腹痛をともなうことがあります。

腹痛の原因は、便秘や下痢によるものと、妊娠により子宮が広がることなどが考えられます。

胸が張ったり痛んだりする

生理前の胸の張りと似ているので、まぎらわしいのですが、違うのは、時期と胸の張り方です。

通常は排卵直後の生理2週間前くらいから始まる胸の張りが、生理予定日を過ぎて1週間くらいたっても続いているようなら、妊娠している可能性があります。

さらにいつもより強い張り方をし、乳首にピリピリした痛みを感じる場合もあります。

身体がだるいくて眠気がある

images (4)

これも生理時の症状と似ているので分かりにくいのですが、妊娠していた場合は、生理時より症状が強く、身体のだるさや眠気を感じます。

通常の生活をするのがつらいくらい身体がだるかったり、眠気が強かったりしたら、妊娠している可能性があります。

心の変化

images (7)

妊娠超初期症状として、心の変化がみられる場合もあります。

主に、妊娠にともなうホルモンバランスの変化が原因と考えられます。

症状としては、イライラやしたり憂鬱に感じたり、無気力になったりなど辛い状態が感じられます。

まとめ

images (5)

妊娠超初期症状としては、ほかにも、頭痛や胃痛、頻尿や肌荒れ、身体のほてりなどがありますが、非常に個人差がみられるものです。

共通していえるのは、普段とは身体の様子が違ってくる点です。

注意深く自分の身体の変化に気をつけて、妊娠検査薬で陽性が出たら、早急に産婦人科を受診することをおススメします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です