妊娠と子宮外妊娠って?

5

妊娠中の子宮外妊娠というのはどのようなものなのでしょうか。
子宮外妊娠の症状などをご紹介します。

子宮外妊娠というのは妊婦さんであれば多くの方がご存知だと思います。
子宮外妊娠というのは子宮内膜ではない部分に受精卵が着床をしてしまうことです。

妊娠数全体の1%程度です。
この子宮外での妊娠というのは、下腹部を手術したことがあったり、何かしらの炎症が起きている場合に発症しやすくなります。
また、卵管炎であったり腹膜炎の手術を受けていたり、過去に何度も人工妊娠中絶を受けている方も発症しやすくなります。

子宮外妊娠を放置していると、卵管が破裂してしまうことがあります。
卵管が破裂してしまうと、大量の出血を伴いますので命を落とすこともあります。

・子宮外妊娠の症状

子宮外で着床をすることを子宮外妊娠と呼びますが、どこに着床するのかで呼び名は変わります。
卵管に着床する場合には卵管妊娠ですし、子宮頚管に着床すれば子宮頚管妊娠です。

症状はほとんどありません。
そのため、病院で検査を受けてから初めて子宮外における妊娠であると気付くこともあるのです。

では、この症状を治療することはできるのでしょうか。
子宮外妊娠というのは赤ちゃんをその時点で助けてあげることはできません。
つまり、諦めるしかありません。

卵管や卵巣を切除する方法しかありませんでしたが、現在では薬物を使用した治療、待機療法といった治療法が行われることもあります。
切除は、卵管が破裂をした時にのみ行われます。

子宮外妊娠を予防することはできるのでしょうか。

・予防方法はあるの?

子宮外妊娠というのはその原因が明確には分かってはいません。
そのため、効果的な予防方法も確率されていないのです。

子宮外妊娠をしたことで、出産を諦めるしかない、ということは母親にとって非常に辛いことです。
ずっと嬉しく、幸せの絶頂だった妊娠から絶望に落とされることになる子宮外妊娠です。
そのため、精神的にも激しく落胆してしまう方が大半です。

ただ、今回はダメだったとしても、次の妊娠でも子宮外での妊娠になるとは限りません。
その時にはショックで普段の生活をおくることすらままならないこともありますし、自分を責めてしまうこともあります。
それでも、自分を責めてはいけません。

子宮外妊娠をしても元気な子供を出産される方ももちろんいますし、子宮外妊娠で卵巣を除去しても妊娠できたという方もいます。
辛い経験をしたことで、妊娠に対してより歓びを感じることができるというのもまた事実なのです。

最も良くないのは、健康的な赤ちゃんを、普通に育てて出産させることが出来なかったということで精神的に崩壊してしまうことです。
そしてそれまでの生活をすべて捨ててしまい、自暴自棄やうつ病になることで夫婦関係すらも崩壊してしまうことがあります。
そのようなことになれば、次の妊娠、出産へ挑むことすらもできなくなってしまいます。

激しく落胆し、傷ついてしまうことももちろん当然のことではありますが、なんとか次の妊娠、出産へ挑むためにメンタル面を整えることが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です