妊娠中のつわりと食事のポイント

100

妊娠中には食べるものにも気を配る必要があります。
妊娠中のつわりについて考えてみましょう。

妊娠中というのは調理法にもしっかりと気を配らなければななりません。
栄養バランスの良い食生活を十分に心がけてください。
そして炭水化物の摂取量を減らして、健康を意識した生活を送るようにしてください。
しかし、調理法によっては健康面においても、そして胎児にとってもマイナスになってしまう可能性があるので注意しなければなりません。

同じ食材や同じメニューだとしても、調理法次第で摂取カロリーというのは大きく違いが出てきます。
例えば、同じ食材でも焼くのか、揚げるのかによって摂取カロリーは大幅に変化します。
さらに、同じ焼料理であっても、焼く時に油を使用するのかどうかで違いが出ます。

調理方法の中でも、カロリーの摂取量を大幅に下げるには、やはり茹でるのがおすすめです。
栄養分を摂取しつつ、カロリーを抑えるためには工夫が必要不可欠です。

例えば、グラタンを使用する時にはホワイトソースを使用しますが、ホワイトソースはかなりカロリーが高いのです。
そのため豆乳を使用することでホワイトソースの代用にすることができます。
そして栄養価は非常に高くすることができるのです。

・つわりの時にはどうするべき?

妊娠中にはつわりによって物を食べるのも嫌になってしまう、ということがあります。
では、つわりで物が喉を通らない場合にはどうすれば良いのでしょうか。
つわりで物を食べることができなければ必要なだけの栄養分を摂取するというのは難しいものです。
つわりが酷い場合には水分補給をすることすらも困難になることもあるのです。

つわりで食べられなければ赤ちゃんに悪影響を与えてしまうのではないかと思ってしまうでしょう。
しかし、つわりというのはずっと続くものではありません。
つわりで食べられないのは一時的なものですので心配する必要はありません。

ただ、全く食べられないにも関わらず、すぐに吐いてしまうような場合には身体が衰弱してしまいます。
そのため、このような場合には一度医師に相談をして点滴などをしてもらうようにしてみてください。

つわりが酷い時には栄養バランスに気を配るよりも、まずは食べられるものを食べるということが重要です。
一時的なことですので、少しでも食べる量を増やすという程度に考えておけば問題ないでしょう。

また、つわりの時には酸味のある食べ物であったり、さっぱりとしている料理を食べるようにしてください。
熱いものは吐き気を感じやすくても冷たいものであれば吐き気を感じにくいということもあります。

自分が今どのようなものを食べることができて、どのようなものを食べられないのかということを十分に理解しておいてください。
そうすればつわりの時期を上手に乗り越えることができるようになります。
そしてなおかつ胎児にとって必要なだけの栄養分を摂取することができるようになりますので、是非参考にしてみてください。
つわりの時期を上手に乗り越えるコツというのは難しいものではありませんので、しっかりとチャレンジしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です