妊娠の初診はいつ受けるべき?

1-5

妊娠をした時には初診はいつ受けるべきなのでしょうか。
初診のタイミングについてご紹介します。

妊娠をしたら、初診はいつ行くべきかご存知ですか?
まず、生理予定日から1ヶ月以内に受診をしましょう。

生理予定日を経過しても生理が来ない場合や、妊娠検査薬によって陽性になった場合、病院へは少し時間をおいてから行くというのはよく知られています。
生理予定日が妊娠してから4週目というタイミングになりますので、この段階においては妊娠検査薬を使用しても反応することはありません。
妊娠検査薬が陽性になるのは、大体5週目を過ぎてからなのですが、胎のうはほぼ確認できません。

早い方であれば確認できる場合もあるのですが、6週目から7週目になると大半の方が胎のうを確認できます。
少しでも早く知りたい、という方は5週目から6週目に初診を、そして生理予定日から1ヶ月以内に受診してください。

・子宮外妊娠のリスク

1ヶ月以内に受診をすべき理由というのは、子宮外妊娠のリスクがあるからです。
卵管に着床をした場合には5週から7週というタイミングにおいて卵管破裂による出血を起こしてしまう可能性もあるのです。
適切な時期に受診をすることで、万が一なにかあった時でも処置をしてもらうことができますので、生理周期についてはしっかりと把握しなければなりません。

受診すれば何かあった場合でも早期に処置することができますので、生理周期は把握しましょう。
では妊娠検査薬はどの程度正確なのでしょうか。

生理予定日を過ぎて妊娠の可能性が出てきた場合、まずは妊娠検査薬を使用してみてください。
妊娠検査薬が反応するのは、生理予定日を1週間程度過ぎてからです。
1週間以降なのであれば何らかの反応は出てくることになります。

妊娠検査薬というのは簡易的なものなのですが、最近では非常に僅かなホルモンの変化であってもしっかりとキャッチしてくれますので、間違いなく検査できます
しかし胎のう、心拍といったものが確認されるまでははっきりとは分かりません。
妊娠検査薬というのは簡易的なものですので、しっかりと診断を受けるようにしてみてください。

妊娠検査薬を使用して陽性反応が出たとはいってもすぐに産婦人科を受診してはいけません。
すぐに産婦人科を受診しても早過ぎることもあります。
というのも、妊娠を確認できるだけの条件が揃っていないのです。

産婦人科での初診を受けるタイミングがあまりにも早い場合には、超音波検査を受けたとしても胎児の姿を十分に確認できません。
そのため、すぐにでも検査を受けたいというのはもちろんですが、それでもより明確に妊娠を確信できるように産婦人科を受診するならある程度の期間が経過してからにしなければなりません。

特に不妊に悩んでいた方というのは、少しでも早く妊娠しているという確信が欲しいものです。
しかし、慌ててしまうと正確な検査結果が出ない、ということを十分に理解しておくようにしてください。
正確に検査できなければ、また通うことになるので費用の負担も大きくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です