妊娠とマタニティブルー

mother-1171569_960_720

妊娠におけるマタニティブルーというのはなんなのでしょうか。
マタニティブルーについてご紹介します。

マタニティブルーというのはどのようなものなのでしょうか。
これは妊娠中であったり、出産日数から始まるごく一時的な感情のことです。

不安定な感情が続いて不安定な状態になってしまい、感情の起伏が激しくなるのです。
そしてマタニティブルーというのは一時的なものですので1ヶ月から2ヶ月程度で解消されていきます。

特に初産のお母さんに多い症状になります。
ではマタニティブルーの原因というのは何なのでしょうか。

・主な原因は?

この不安定な状態になってしまっているお母さんの大半は自分がマタニティブルーになるなんて思ってもいません。
マイナスな印象を抱かれやすいですが、ママになることがどれだけ大変なことなのか、ということをしっかりと考えている証拠です。
そのため、深く考え過ぎないようにしましょう。

では、主な原因について考えてみましょう。
主な原因はストレスによって起こるホルモンバランスの乱れになります。

ホルモンバランスが崩れてしまい、精神的な変化が起こるようになるのです。
ストレスの要因としては、出産に対しての後ろ向きな考え方、お母さんになることへのプレッシャーといったものがあります。

また、身体的な疲れや精神的な疲れも原因となります。
妊娠中や産後において症状が現れる、という場合には疲れや睡眠不足のような肉体的疲労が大きくなります。

さらに初産のお母さんが精神的に不安定になるのは、産後授乳によって起こる寝不足であったり、授乳を上手に行えないことが関係しています。

また、周囲からかけらる言葉が原因となっていることもあるのです。
頑張れ!
お母さんになるんだから!
いつ生まれるの?
なんて言葉をかけられるとプレッシャーを感じてしまい、その結果大きなストレスになってしまうものなのです。

妊娠中のお母さんというのは非常にデリケートですので、ちょっとした言葉にも敏感に反応してしまうものなのです。
では、どのように乗り越えれば良いのでしょうか。

この精神的に不安定な状態を乗り越えるには周囲に協力をしてもらうことが重要です。
特に夫に協力をしてもらうというのは欠かせません。

妊娠出産というのは精神的にも、そして肉体的にも大変なことが多いです。
そのため、少しだけでも良いのでお母さんのそばに寄り添ってあげるべきです。
悩みや不安というのは医師や夫、友人に相談を聞いてあげてください。

また、睡眠時間をたっぷりととって、肉体的にも精神的にもストレスを解消してあげることが重要です。
出産準備なども慌てて行う必要はありません。
自分のペースで、体調の良い時に行うようにしましょう。
それだけでもマタニティブルーを解消することができます。

マタニティブルーはひどくなればそのまま産後鬱を発症してしまうことにもなりますので、必ず周囲に協力をしてもらうようにしてください。
決して恥ずかしいことでもなければ、1人で解決できることでもない、ということを十分に理解しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です