妊娠初期にはスキンケアも重要!

7

妊娠初期には肌荒れが目立つようになります。
妊娠初期の肌荒れについて考えてみましょう。
妊娠初期というのは肌荒れが気になることもあるでしょう。
体調も気持ちもバランスを崩しやすくなります。
体調や気持ちのバランスが崩れることで、次第にそのバランスの崩れはお肌にも現れるようになります。

妊娠前にはとてもきれいな肌で、健康的だった人でも、妊娠初期になると急激に肌荒れを引き起こすことがあるといわれています。
女性にとって美しい状態を維持するというのはとても重要なことです。
そのため、肌荒れが治らなければストレスが溜まってしまいます。
そしてストレスというのは赤ちゃんにとってなにも良いことはありません。

そこで、妊娠食の肌荒れにおける対策について考えてみましょう。

・妊娠初期の肌荒れの原因って?

妊娠初期の肌荒れ原因というのは、1つだけではありません。
複数の原因が組み合わさることで肌荒れを引き起こすといわれているのです。

自分の身体がどう変化しているのかを意識しておく必要があります。
例えば、つわりによる水分不足です。

妊娠初期というのはホルモンバランスが乱れてしまい、自律神経のバランスが崩れていきます。
そして食欲減退、つわりを引き起こしやすくなるのです。

また、食べづわりと呼ばれる、食べずにいると気分が悪くなるというタイプのつわりによってカロリーの高いものを多く摂取してしまい、お肌の状態が悪くなることもあるのです。
また、食事を摂取できなくなると、水分量が減少してしまいお肌が乾燥してしまうことがあります。

そしてハリを失ってシワができやすくなって老けた印象を与えてしまうこともあるのです。

また、ホルモンバランスの乱れも関係しています。
妊娠初期には妊娠を維持するために女性ホルモンの分泌量が増加します。
その結果、ホルモンバランスが乱れやすくなるのです。

ホルモンバランスが乱れることによって、お肌の水分の量も変化します。
そして乾燥肌になったり、脂性肌になってしまうのです。
刺激にも敏感になりますので、それまでは普通に使用できていた化粧品が合わなくなることもあります。

もちろん、出産や妊娠中には精神的な負担が大きくなります。
そして不安が大きくなってしまうと、お肌トラブルを起こしやすくなります。

妊娠初期には体調不良が続いたり、家族や両親からの出産への期待などが伴ってストレスを溜め込んでしまうようになります。
感情の起伏も大きくなりやすいですので、普段からできるだけ精神的な負担を小さくしなければなりません。

自分の感情を制御できないストレスによって肌荒れを悪化させて、肌荒れによってストレスを溜め込むという悪循環になれば当然お肌の状態はどんどん悪くなるようになります。
妊娠初期にはそれまでの調子の良い体調から大きく変化が起きることで、辛い状態が続くようになります。

一度妊娠による体調不良やお肌の不調が起こると、それがストレスになってさらに症状が悪化してしまうことがあります。
そのようなことになる前に、精神的、肉体的なストレスをできるだけ緩和できるようにしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です