妊娠中にペットを飼ってはだめ?妊娠中のペットとの暮らし方

6

妊娠中にはペットを飼育できないのでしょうか。
妊婦さんとペットとの暮らし方をご紹介します。
妊娠中にペットを飼うのはいけないことなのでしょうか。
この妊娠をしている時にペットを飼育するのであれば、感染症には十分に注意しなければなりません。

ペットと一緒に暮らすことで心を癒やしてもらえる、ということもあります。
ペットブームの現代においては、この妊婦さんがペットと暮らすということも少なくありません。

ただし、妊娠中にペットを飼育するのは良くないと言われることがありますし、母体はもちろん赤ちゃんに悪影響が出てしまうと言われることもあります。
しかし、それは昔のことです。

現在では、妊娠していてもペットを飼育することは十分に可能だと言われています。
ただ、その場合にはいくつか決まり事がありますので、そのことは十分に理解しておかなければなりません。

・感染症に注意

トキソプラズマ症という感染症があります。
このトキソプラズマ症は、ペットが原因とされている感染症の1つなのですが、猫が原因で発症します。
もちろん、猫だけではなく犬にも寄生すると言われているので、注意してください。

妊娠中にトキソプラズマに感染すると、母体にも負担をかけてしまうのですが、胎児にも悪影響を及ぼしてしまいます。
妊娠初期に感染してしまった場合には、特に胎児に悪影響が出やすいと言われています。
妊娠初期にはペットとのコミュニケーションには十分に注意しておく必要があります。

トキソプラズマに感染しているのかどうかは病院で検査してもらうことができますので、気になっている方は検査を受けてみるた方が良いかもしれません。
このトキソプラズマを予防するためには、猫や犬の排泄物から感染しますので、ペットの排泄物の処理方法を工夫してみるようにしましょう。

排泄物を処理するのであれば、手袋を着用するようにしたり、手洗いを徹底するようにしましょう。
手袋はできるだけ使い捨てのものを使用してみてください。
このように細かいことを徹底するようにすれば、トキソプラズマを予防できるはずです。

・アレルギーにも注意

妊娠中にはホルモンバランスが大きく変化していきます。
それが原因となってアレルギー症状が引き起こされることもあるのです。

それまでは全く問題なかった動物に対してアレルギー反応を起こすこともあるのです。
できるだけ部屋をきれいに維持したり、換気も十分に行うようにしてください。

ペットと一緒に暮らす、というのは非常に良い点もたくさんありますが、同時に良くない点もあるのです。
動物の毛に対しても、排泄物や食べ残しに対してもアレルギー反応を引き起こす可能性があるということを十分に理解しておきましょう。

そうすれば、アレルギー症状はもちろんトキソプラズマへの感染のリスクを軽減しながら、妊娠中にペットと幸せな生活を送ることができるはずです。
大切なペットが原因で胎児に悪影響が出てしまうというのはあまりにも悲しいことですので、上記の内容をしっかりと理解しておくようにしてください。
そうすれば、ペットによる流産のリスクを軽減できるはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です