妊娠してつわりになるのはどうして?

5

妊娠するとつわりに悩まされることも多いです。
妊娠とつわりについて考えてみましょう。
不妊に悩んでいたけどついに妊娠できた!
にも関わらず猛烈に辛いつわりに悩まされる、という方も少なくありません。
では、そもそもどうしてこのようなつわりになってしまうのでしょうか。

妊娠をすることで女性の体内ではホルモンバランスが大きく変化していきます。
そして、そのホルモンバランスの変化に身体がついていかずにつわりが起きるのです。

胎盤が完成するまでの間というのは、赤ちゃんのことを身体が異物であると判断します。
そして、拒否反応を示していることでつわりになるのです。
また、妊娠前から野菜、フルーツを多く摂取していれば身体が酸性ではなくアルカリ性になることでつわりになりにくいと言われています。

真相ははっきりとしていませんが、つわりが重い場合にはマタニティライフも非常に苦しいものになってしまうことは違いありません。
つわりはずっと続くわけではありません。
安定期と呼ばれる5ヶ月を迎えるころにはつわりが終わることが多いです。
つわりに苦しむばかりではなく、めげずに過ごしていきましょう。

このつわりの症状ですが、個人差が大きいですし、症状自体も色々です。
つわりが重くなると、ずっと楽しい食事なんてできないのではないかと考えてしまうこともあるでしょう。
こんなことでは生きていくのも辛い…そこまで重く受け止めてしまう方もいるでしょう。

身体の不調というのはそのまま精神的な不調にまで繋がり、最終的にはうつ状態になってしまうこともあるのです。
しかし、そんなことはありませんので、まずはつわりについて知っておきましょう。

・つわりの種類

つわりには主に2つの種類があります。
1つは吐きつわりです。
なにを食べても気持ち悪くなってしまい、すぐに吐き出してしまうつわりです。

そしてもう1つは食べつわりです。
これは食べている時だけ気分が良くなるので、常になにか食べていなければならなくなります。

口をいつもタオルで覆っていなければならなかったり、吐き出さなければよだれが止まらなくなってしまうこともあります。
このような症状にプラスして頭痛、貧血といった症状に悩まされることもありますし、場合によっては症状が重なりあうこともあるのです。

では、このようなつわりを軽減するにはどうすれば良いのでしょうか。
まず、食べられるものはこまめに摂取してください。
一度にたくさん食べるのではなく、1日の摂取カロリーを数回に分けて摂取する、ということです。

また、食べて気持ち悪くなるものを無理して食べる必要はありません。
あまりにもつわりが辛いのであれば、つわりが酷いことを医師に相談してから、点滴、漢方薬といったものを処方してもらうようにしてください。

つわりは周囲から理解されにくく、1人で抱え込んでしまうこともあるのですが、我慢する必要はありません。
悩んだ時には医師に相談するのも良いですし、つわりの症状を軽減できる方法を実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です