妊娠中に車の運転はしない方が良いの?

car-939908_640

妊娠中の車の運転はダメ?
お腹が大きい時の車の運転について考えてみましょう。

妊娠をすると車の運転は控えた方が良い、と言われています。
しかし買い物や上の子の送迎、産婦人科への検診など車がなくては生活することができない、という方も多いでしょう。
特に田舎暮らしの場合には車がなければ困ることも多いでしょう。

車の運転をしない方が良い、というだけで運転してはいけないというわけではありません。
では、いつまでなら車の運転をしても良いのでしょうか。

いつまでなら車の運転はOK?

車の運転というのは後期までであれば問題ありません。
しかし、妊婦さんですので車の運転をする時には注意すべき点は多いです。

妊婦さんはいつまでなら運転しても良いのか、というのは国が明確に定めている決まりはありません。
妊婦さん自身がいつまでなら大丈夫なのか、ということを判断することが重要になるのです。
ただし、妊娠をすることで初期であってもホルモンバランスの変化によって運転に支障が出ることはありますので、十分に注意をしなければなりません。

妊娠中はホルモンの影響によって眠気、注意力散漫といった様々な支障が出ることもあります。
そのため、お母さんの体の中では目には見えないだけで、体はどんどん変化してきている、ということを忘れてはなりません。

妊娠初期には睡眠不足でもないのに一日中眠い、ということもあります。
妊娠中ではなくても眠気があるときに運転をするというのはやはり危険です。
そのため眠い時の運転は避けるようにしてください。

もちろん眠気のある時だけではなく、具合の悪い時やイライラと気が立っている時にも運転は避けるようにしてください。
運転中に眠くなった場合には、一度運転をやめてから5分間目をつぶるだけでかなり眠気がすっきりするので試してみましょう。

貧血、妊娠高血圧症候群と診断をされている時などには急激に体調が悪化することがあるので運転は控えてください。
長時間の運転はできるだけ避けるようにして、近場でもこまめに休憩をとるようにしてください。

運転する時というのは、気付かないだけで精神的なストレスを感じているものです。
そのため、緊張がお腹のハリの原因となっていることがあるのです。

万が一お腹のハリから痛みを感じた時には車を止めてからシートを倒してください。
お腹のハリは休めば治ることが多いですので、無理することなく休憩をとるようにしてください。

また、長時間の運転というのは出来る限り避けるようにしてください。
緊張が長ければそれだけストレスに感じることが増えてしまいます。

車で出発をする前に、シートベルトでお腹を圧迫していないかをチェックしてください。
命を護るシートベルトですが、そのシートベルトがお腹にくいこんで圧迫してしまうことがあるからです。

そのため、シートベルトがお腹を直接圧迫してしまうことがないように十分に注意しておいてください。
急ブレーキを踏んだ時のシートベルトが圧迫する力というのは非常に大きいですので、甘く考えてはいけません。

このように妊娠中の運転というのは注意すべき点がいくつもありますので、十分にチェックしておくようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です