妊娠後期の体重増加とむくみ

dd32daba75352a7f8569afdeee15fd84_s

妊娠後期の体重増加やむくみはどうして起こるのでしょうか。
妊娠中のむくみについてご紹介します。

妊娠後期になるとお腹が大きくなってきます。
その分、太ったのではないかと心配になってしまう方も多いと思います。

これまで履いていた靴が履けなくなってしまったり、手がむくんでしまって指輪が抜けなくなったり、どんどん症状は深刻になります。
しかし、それは太ったのではなく、むくみが出ている可能性が高いのです。

妊娠中の身体の変化というのは敏感になっている頃です。
むくみと聞くと不安になってしまうと思いますが、上手に解消する方法があります。

では、そもそもどうしてむくみが出てしまうのでしょうか。

・妊娠中のむくみの原因というのはどこにあるの?

妊婦さんの30%というのはむくみに悩まされています。
このむくみというのは、細胞と細胞との間に水分が溜まっていることによって起きている現象になります。

むくみが出るのは決して珍しいことではありません。
これは体内の水分量が増加しているからです。

妊娠をしていると、妊娠12週から体内における血液の量が増加して、34週になる頃には子供ができる前の5割増にもなるといわれています。
血液の90パーセントは水分でできていますので、血液の増加した状態というのは体内において水分をそれだけ溜め込んでいるのです。

妊娠中というのは体の機能自体が低下していますので、体内の水分をしっかりと体外へ逃がすことができないのです。
そのため、体内の水分量が多くなる妊娠中にはむくみやすいのです。

むくみの原因というのは色々とあるのですが、妊娠中のむくみの原因となっているのは、血液増加によって起こる体内の水分量が増加するのです。
では、体内の水分量が増えるのは悪いことなのでしょうか。

水分が多いと血液がサラサラになりますので血液の流れも良くなります。
胎盤を通じて赤ちゃんに栄養分が届きやすくなるのです。
水分量が多くなればむくみが生じやすくなりますが、妊娠中においては決して珍しくはないのです。

妊娠後期になってお腹が大きくなるとお腹の重みの分足の付け根部分に負担がかかってしまいます。
そのため、足の付け根にある血管がぎゅっと圧迫されてしまい、足から心臓に血液がしっかりと戻らなくなってしまうのです。

血流を良くすること

体が冷えてしまうと、血液の流れが悪くなってしまい、結果的にむくみやすくなります。
エアコンの冷風が直接当たらないようにしましょう。

妊娠中には自律神経の乱れによって血管の収縮が起こりやすくなります。
そうなれば血液の流れが悪くなってしまい、むくみがでますので、できるだけ体を温めるようにして、運動量を増やすようにしましょう。

できるだけ負荷の軽いウォーキングやストレッチなどの運動を取り入れるようにしてください。
そうすれば、血液の流れが良くなりますので、毎日しっかりと取り入れるようにしてみてください。

ストレッチやウォーキング程度の運動でも、血液の流れはしっかりと改善されるので、むくみを解消するのに役立ちます。
毎日継続しても決して負担になるような運動量ではないので、試してみる価値はあると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です