里帰り出産がストレスになるママが多いって本当?

ef6a0ec3e91feb222d32b60aff1ca55d_s

初めての出産はママにとって、不安なことが多いですね。
里帰り出産は、家事を親に任せてママが育児に専念できますが
考え方の違いでトラブルが多く、ストレスを抱えることが多いのが現実です。
遠い場合は、夫との別居期間も長くなります。
ここでは、里帰り出産のデメリットと夫婦で乗り切る方法についてお話します。

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s

遠い場合移動がたいへん

8383e42c31282f0b1258de15b0366778_s

里帰り出産で実家が遠い場合は、新幹線や飛行機を使っての移動になります。
移動の時期がゴールンウィークや夏休みというような、旅行の時期と
重ならないときを選ぶ必要があります
出産ぎりぎりになると、妊婦検診を受ける回数も少なくなりますので
出産予定から2か月前から計画が必要です。
産後1か月実家にお世話になるとしたら、3か月も家を離れることになります。
その間の夫と離れることになるので、精神的にもつらいときがあります。

親と考えが合わないストレス

ef6a0ec3e91feb222d32b60aff1ca55d_s

産後のママがストレスが溜まるのが、実家の母との考え方の違いです。
遠慮がない実の母とはけんかになりやすいです。
子育てだけではなく、食べものから生活スタイルまで自分が育ったときとは
違ってきます。
親も年齢が高くなると、思うように動けなくなりお互いにしんどくなります。

短期で親に来てもらう

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s

里帰り出産は最近では少なくなり、短期で親に来てもらうというママも増えています。
できるだけ短期のほうが、トラブルが少ないと思っていいでしょう。
ママの心と体の回復が第一だと考えましょう。
実の親も、働いている方が多いので長期の休みをとれない場合もあります。
お互いに無理をしない方法を考えるのが一番です。
もしも通える距離なら、泊まり込みではなくて短時間通ってもらうという方法もあります。

親に手伝ってもらっている期間は、簡単なメニューの食事を頼みましょう。
カット野菜を購入しておいて、炒めるだけゆでるだけというやり方もあります。
味付けの調味料は、好きなものを選べるという形もいいですね。
慣れない地域での買い物は、親にとってもたいへんです。
ネットの宅配もしっかりと利用しましょう。
掃除は赤ちゃんのいる部屋だけと、決めておいてもいいですよ。

夫と二人で乗り切る

327c2d5380f4d3171f3c61f23bdb00b2_s

出産後は夫に休んでもらいたいですが、仕事の関係で無理なこともありますね。
簡単な料理はできたほうが、これから夫のためにもなります。
なかには、レンジで温めるだけで食べれる冷凍食材も販売しています。
そしてファミリーサポートセンターや、家事サービス会社では出産後のママの家事を
サポートしてくれます。
費用の負担がありますが、ママの体が疲れるよりは手伝ってもらいましょう。
食器洗い機や、乾燥機付きの洗濯機など便利な家電はフルに使いましょう。
妊娠中から夫と、家事については話しておいたほうがスムーズに生活できます。

最後に

出産で、夫との関係が変わったというママは多いです。
生まれてくる赤ちゃんのためにも、笑顔で暮らせるように夫婦で
協力することが大切です。
ママの気持ちが安定すると、体の回復も早いといわれます。
自分がリラックスできる方法を、知っておくとあわてないですみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です