会陰マッサージってどんなマッサージでどんな効果があるの?

666

会陰マッサージはどのようなマッサージ方法なのでしょうか。
そしてその効果についてご紹介します。

会陰マッサージというのは、出産時における会陰切開を防ぐために行うマッサージです。
妊娠34週頃から行うマッサージ方法になります。

赤ちゃんが産道を通って出てくる場合に、膣と肛門との間にある会陰部分がしっかりと伸びなければ肛門や直腸部分が裂けてしまうことがあります。
そのため、出産時には会陰部分をハサミで切開することがあるのです。
これを会陰切開といい、出産時には行われるのが基本だともされています。

会陰切開を避けるためには自分でも行うことができる妊娠中の会陰マッサージがとても大切になるわけです。
会陰マッサージには、会陰部分を柔らかくすることによって、しっかりと伸びるようにします。

出産時の会陰切開であったり、縫合が必要な会陰裂傷が起こるリスクを低くできます。
さらに産後の会陰部における痛みを緩和することができるのです。

ただしこの会陰マッサージの効果というのは個人差があって、マッサージを行っても会陰切開などのリスクを十分に低下させることができない場合もあります。

会陰マッサージの時期や頻度について

会陰マッサージをスタートする時期としてすすめられているのは、妊娠34週からになります。
マッサージの頻度は週に3回程度行いましょう。
1回あたり10分程度で十分です。

マッサージは、オイルを使用して行います。
指に2本にオイルをつけて膣内に3センチから4センチ程度挿入します。
そして右から左へ半円を描くように圧をかけてください。

日本においてはこのマッサージに使用する専用オイルというのはあまり販売されていません。
そのため、基本的には100%純正植物油を使用してください。
また、馬油は人間の皮脂に比較的近い成分になりますのでおすすめです。

会陰マッサージを行う期間としては、妊娠中でも1ヶ月とされています。
短期間だけ少量使用しますので、せっかくであれば生まれてきた赤ちゃんの保湿にも使用できるオイルを選ぶようにしてください。
オリーブオイル、グレープシードオイルのような食用の油を使用するようにしてください。

マッサージを行う時には、必ず事前に手をきれいに洗っておくようにしましょう。
会陰は体の中でも特にデリケートな部分になりますので、マッサージを行う時には爪が伸びていないように、短くカットしておきましょう。

体調が良くない時であったり、病院において安静にしておくように指示が出ているのであれば、会陰マッサージは行わないようにしましょう。
そしてお腹が張っている時にはまだ行わないようにしましょう。
無理をしてしまうと、せっかく効果のあるとされているマッサージも台無しになってしまうことがありますので、十分に注意しておくようにしてください。

普段の生活の中で手軽に取り入れることができるマッサージですので、専用のオイルや代用できるオイルを使用するなどして正しく行うようにしてください。
そうすれば体にも、精神的にも負担を小さく会陰を柔らかくすることができますので是非参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です