妊娠8か月の体重の変化や管理について

f504c7138612568ab934d3e2ed41f631_s

妊娠後期に入る8ヶ月には、お腹がせりだすと共に体重が増加します。
子宮がどんどん大きくなるので、膀胱も押されてきますし胃腸も持ち上げられ
何かと体調がすっきりしない時期です。
子宮の収縮も起こるために、体重の増加もむくみにより増えていきます。
出産間近の、妊婦の体重管理は非常に大切な事です。
今日は、妊娠8ヶ月の体重管理についてお話します。

733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_s

 

妊娠8ヶ月の体重はこう変化する

463c82e681d1a23fc62dc63827f5a1fb_s

後期になると羊水も増えて1ヶ月で1Kgから2Kg程体重が増加していきます。
妊娠中は、水分や脂肪を蓄積しやすい時期にもなりエネルギーも多く必要とします。
その為に、体重が上手くコントロール出来なくなる人が多く、胎児に栄養素が優先され
『甘いもの』大好きになる人も多いです。
急激な体重増加はストレスも溜まりやすいです。
この時期に体重が増加すると、妊娠高血圧症リスクが高くなるだけでなく、
陣痛が長引いたりとハイリスクです。

 

気をつけていても増えやすい体重

f504c7138612568ab934d3e2ed41f631_s

食事を制限しても8ヶ月を境に、体重が増加する妊婦さんが非常に多くなります。
仕事をしていた人も、この時期には産休に入るために運動量が減ってしまったり
時間ができてついつい食べてしまい気がついたら増えていることもあるようです。
そうなると、『動くのが辛い』『身体が疲れやすい』等を感じるようになってしまいます。
8ヶ月からの体重管理は、メンタルと食事の両面からが大切なのです。

 

食事のバランスをよく

3abe1a141c07071894ca249ed8e4e7c6_s

妊婦さんの食べ過ぎは、体に悪いですがつわりがおさまっているなら
食事のバランスを考えましょう。
偏った食事をしないで、野菜、お肉や魚、大豆食品、ごはんを食べます。
ダイエットのために炭水化物を減らしたり、朝食を抜くのは避けましょうね。
テレビのダイエット番組は、妊婦さんが実践するのは向いていません。
短期で結果を出すやり方では、リバウンドしてしまいます。
偏った食事で便秘になってしまうと、体重が落ちても体に老廃物が溜まり
血流が悪くなります。
ストレッチで無理にひねると、体を傷めることがあります。

 

むくみを予防しよう

d075b8b78800308989065cfa1597e2ed_s

8ヶ月以降は、むくみやすいので減塩は必須です。
減塩しょうゆや味噌を使い、だし汁でうま味を楽しみましょう。
味の濃いものは、喉が渇き水分を取りすぎてしまいます。
外食やお惣菜は塩分が濃いので、薄味で手作りすることが基本です。
里帰り出産で実家に帰る妊婦さんも、出来るだけ家事やウォーキングは続けましょう。
いつもと調子が違う場合は、早めに産婦人科に相談しましょうね。

 

まとめ

01d5505195ab617a1f75a1a8ea3c4d01_s

体重管理は妊婦さんにとって、ストレスが溜まることも多いです。
好きな音楽を聴いたり本を読んで、気持ちをリラックスさせながら身体作りが大切です。
赤ちゃんのグッズを手作りすると、わくわくして楽しくなってきます。
妊婦さんの料理教室に行ったり、自治体の主催する教室に行くと同じ妊婦さんと
お話ができて、心がちょっと楽になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です