新生児が泣き止むための5つのポイントと泣くことの効用

newborn-659685_960_720

新生児といわれる生まれたばかりの赤ちゃんは、泣いてばかりいます。

泣くのが仕事といってもいい時期なので、それも仕方がありません。

とはいえ、泣かれるとママは辛いものです。

なんとか、泣き止んでほしいと思ってしまいます。

では、泣き止むために、何をしたらいいのでしょうか?

泣くことの効用

baby-408262_960_720

赤ちゃんが泣いているのを見て、辛いと思うママには、まず泣くことの効用を紹介しましょう。

赤ちゃんが泣くのには、様々な理由があるし、泣くことの効用もたくさんあります。

運動している

新生児は、まだ寝返りもうてないし、自分から動き回ることができません。

そんな赤ちゃんにとって、泣くことは運動になります。

全身を震わせて泣く赤ちゃんの運動量は、かなりのものです。

泣く子は育つというのは、このことでしょう。

ストレス発散

baby-20339_960_720

泣くことを無理に止めるのは、ストレスをためることにもなってしまいます。

差し支えないときは、思いっきり泣かせるのも一つの方法です。

意志を伝える

赤ちゃんは、泣くことで、「お腹が空いた」「おむつが気持ち悪い」「眠い」などなど、様々なことを周りの大人に伝えようとしています。

赤ちゃんは泣くことしかできないのですから。

意志が育つ

赤ちゃんが泣いたら、ママやパパなど、そばに人が来てくれて、願いをかなえてくれます。

そのことは、赤ちゃんの喜びになって、自分の意志が育っていくきっかけとなります。

泣き止むための5つのポイント

1)泣いている原因を取り除く

newborn-659685_960_720

赤ちゃんが泣くのには、多くは原因があります。

お腹が空いていたり、オムツが汚れていたり、眠かったり、遊んでほしかったり・・・

それらの一つ一つを検討して、その原因を取り除いてあげましょう。

2)特に理由もなく泣いている場合は

特に理由もなく泣いているように見える場合もあります。

でも、特に理由がない場合も、実はなにか小さな原因があるのです。

もしかしたら、すでに飛んで行ってしまった小さな羽虫が嫌で泣き始めてしまったのかもしれないし、なにかちょっとむず痒かったのがきっかけだったかもしれません。

夕方になったから泣き始めたのかもしれないし、ママが近くにいなかったから泣き始めたのかもしれません。

それらの原因を理解するのは難しいし、取り除くのも難しい場合はあります。

そのようなときに、泣き止ませるためのポイントはいくつかあります。

3)気をそらせる

baby-1178539_960_720

泣いている原因から、気をそらせます。

いないいないばあをしたり、鏡を見せたり、サングラスをかけたり、目先の興味を別のところに持っていくのは効果があります。

4)お腹の中の環境に似せる

新生児は、ママのお腹の中から出てきたばかりです。

だから、ママのお腹の中が一番安心する場所だったのです。

お腹の中の環境に似せてあげましょう。

部屋の中を暗くし、心音を録音するなどして、音を聞かせましょう。

くるりとおくるみにくるんでしまうのもいいでしょう。

ママが優しく子守唄をうたってあげるのも効果的です。

5)音を聞かせる

baby-1522559_960_720

スーパーの買い物袋のカシャカシャした音で、泣き止む赤ちゃんも多いようです。

ただ、赤ちゃんに持たせると、頭からかぶってしまった場合危険なので、赤ちゃんには渡さないようにしましょう。

また、テレビの砂嵐の音や、ドライヤーの音、口で「シャー」っという音も効果的といわれています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です