子育てのイライラ悩みあるある3選!

love-1139119_960_720

子育てに悩みはつきもの。

親も子育てしながら成長していくというように、悩みながらも毎日子供を育てていくしかありません。

そんな子育て奮闘中のママによくある悩みとは、どのようなものがあるのでしょうか?

1 子供に怒った自分に自己嫌悪

child-652552_960_720

子供を叱らない日はないというくらい、子育てしていると叱ることはたくさんあります。

そして、叱っているうちに、感情が高ぶって怒ってしまうことも日常茶飯事。

子供を産んで子育てする前は、ほとんど怒ったことのない穏やかな性格だったのに・・という人だって、自分の子供にはついつい声を大にして怒ってしまいます。

そして、自分が怒ったことで泣いてる我が子を見て、自己嫌悪。

でも、よく考えてください。

人が怒るのは、心が傷ついたからです。

心が傷つくということは、その相手に感情を揺さぶられるからです。

感情を揺さぶられるほどの相手とは、特別な人です。

どうでもいい人に対して、怒る人はいません。

怒るって、かなりエネルギーのいることだから、どうでもいい人には、そんなエネルギーを使わないからです。

特別に愛しているからこそ、子供に対しては怒ってしまいます。

だから、本当は自己嫌悪に陥る必要はないのです。

子供に対して怒ってしまうのは、愛情がある証です。

2 子供をかわいいと思えない

girl-1442590_960_720

どうして子供をかわいいと思えないときがあるのだろう?と悩んでいる人はいませんか?

どんなにかわいい我が子でも、かわいくない、憎たらしいと思うことはあります。

親だって人間なのです。

毎日色んな事があって、疲れている時も、悲しい時もあります。

いつも同じように子供をかわいいと思えるわけがありません。

だからといって、親失格などと思う必要はありません。

親に感情の波があるように、子供にだって波はあります。

親の言うことをちゃんと聞ける時もあるし、聞けない時もあります。

小さくたって、子供も一人の人間です。

boy-958457_960_720

親も人間、子供も人間。

かみ合わないときがあるのは当たり前なのです。

どんなに憎たらしいと思っても、愛していることには変わりありません。

3 自分の時間が持てない

hourglass-1490933_960_720

子育てをしていると、自分だけの時間はなかなか持てません。

起きているときも寝ている時も、常に子供がそばにいて、子供が寝ている時はたまっている家事を片付けなきゃ、と思ってしまう。

忙しくて、自分のスキンケアさえもおろそかになって、イライラしてしまうのは、誰にだってあることです。

でも、そんな時期は、子供が本当に小さい時の何年かだけです。

そして、何年かしたら、もう子供は、「ママ、ママ」とまとわりついてくる時期をすぎて、親をうるさがる思春期に突入してしまいます。

「ママ、ママ」とまとわりついてきてくれる時期を楽しむ心を持つことも大切です。

love-1139119_960_720

そして、子育ては、あまりに頑張りすぎないで、適当に手抜きをすることを覚えなければなりません。

完璧主義すぎると、自分が壊れてしまいかねません。

そうならないためにも、手抜きをして、周りの人に頼って、自分の時間を作って、たまにはゆっくりしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です