母乳が出やすかったり出にくかったりするのはどうして?

ca04a31470f09905126307f610ce3cea_s

母乳の出やすさはなにが関係しているのでしょうか。
母乳を出やすくするコツをご紹介します。

母乳は出やすい人と出にくい人がいます。
この違いというのはどのようなものがあるのでしょうか。

赤ちゃんは吸ってくれているか

赤ちゃんがしっかりと乳首を吸ってくれているのかを確認しましょう。
おっぱいが出るのかどうかは、実は体質ばかりが関係しているわけではないのです。

どれだけ出産後に早く赤ちゃんに乳首を吸ってもらうのかが重要なのです。
早い段階でおっぱいを吸ってもらうことで、母乳を出すホルモンの分泌量が低下します。

入院中にたくさん吸わせていれば母乳はどんどん出るようになります。
そしてほとんど吸わせていなかった場合には、母乳を出すうえで欠かせないホルモンの分泌量が低下します。
その結果母乳がどんどん出にくくなってしまうのです。

赤ちゃんが上手におっぱいを吸えない場合には助産師さんにサポートしてもらうようにしてください。
遠慮する必要はありません。

哺乳瓶を使用するタイミング

赤ちゃんとの相性次第でおっぱいが出にくくなることがあると言われていますが、実は違います。
相性など関係なく自分のお母さんのおっぱいを飲むことができるはずです。

本能的におっぱいを探して吸う、という赤ちゃんがおっぱいを吸えないというのは哺乳瓶が原因となっているからかもしれません。
哺乳瓶は穴が開いていて飲みやすくなっているので、それに慣れるようになってしまうのです。

哺乳瓶で簡単に飲める状態が続いていると、おっぱいでは十分に吸えなくなってしまうのです。
まだ上手に吸えない状態で哺乳瓶を使用しないほうがよいでしょう。

母乳が出にくいのであれば、まずはリラックスして授乳するということが重要です。
緊張してしまっていると、ホルモンが上手に働かなくなってしまい、母乳がどんどん出にくくなってしまいます。

授乳時間というのは長いですので、楽な姿勢をとることができるようにクッションなどにもたれられる場所を作るようにしましょう。

また人の出入りの激しい場所では落ち着いて授乳することができません。
そのため、静かな場所を必ず作っておくようにしましょう。

ただ、赤ちゃんが小さく生まれてしまい、体力がなかったり、おっぱいを吸う力が弱い場合には搾乳をしてどんどんおっぱいを刺激するとしっかりと母乳を作ってくれるようになります。

妊娠中に母乳を出やすくするには

母乳のために妊娠中というのはノーブラでいるようにしましょう。
母乳は血液から作られていますし、乳房には血管、リンパ管といったものが通っています。

そこで、ブラジャーで締め付けてしまうと、血液やリンパの流れを止めてしまい、産後になって乳腺炎になってしまうこともあるのです。
そのため、妊娠中から胸が発達するのを妨げることがないようにノーブラで過ごすようにしましょう。

特に妊娠後期に入ると、さらに大きくなっていきます。
乳腺が発達し母乳を出す準備を行う時期です。

そのため、尚更ワイヤー等で締め付けてしまうことがないようにしましょう。
こういったことに注意していると、母乳におけるトラブルのリスクを軽減することができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です