母乳育児で欠かせないことって?母乳を出やすくする食べ物飲み物簡単チェック

433c86f4b9d5c6d120283b5b3f33f731_s

母乳育児で食べ物や飲み物についてチェックしてみましょう。
母乳が出やすくする食品についてご紹介します。

母乳育児をしている方というのは非常に多いです。
しかし、この母乳がうまく出ないことで悩みを抱えている方も少なくないそうです。

では、母乳を少しでも出やすくするためには、どのような食べ物、飲み物を摂るようにすれば良いのでしょうか。
食べ物にしても、飲み物にしても体をしっかりと温めてくれるタイプのものがおすすめです。

食べ物ならば大根や人参、ごぼうといった根菜類がおすすめです。
大根などというのは夏には時期が違うので探すのが大変ですが、それでも食べてみる価値はあると思いますよ。

トマトやきゅうりといった野菜は体を冷やしてしまいますが、過剰に摂取していなければ問題はありません。
体を冷やす食べ物を食べるのであれば、体をしっかりと温めるものを同時に摂取するようにしてみましょう。
スープがおすすめです。

母乳が出やすくなる飲み物

母乳を出やすくするには、水分を1日に2リットル以上摂取するのがおすすめです。
2リットル以上となると多いと感じるかもしれないのですが、母乳の88%は水分ですので、水分をしっかりと摂取できていなければ母乳が出にくくなってしまいます。

授乳していない大人が一日に必要な水分は2リットルですので、授乳によって体外へ水分が出ていきやすい時期には2リットル以上飲むようにしてください。

また、暑い時期には冷たいものをごくごく飲みたくなりますが、母乳について考えると冷たすぎるものはできるだけ控えるようにしてください。
ただし、温かいものを2リットルも飲むというのは大変ですので、常温程度でも問題ありません。

飲み物の中でもたんぽぽ茶がおすすめです。
これはたんぽぽの根っこから作られているお茶になります。

つまり根菜類と同じように体を温め、血行を促進できる働きがあります。
乳腺炎になりやすかったり、母乳の詰まりやすい人におすすめです。
母乳が出ずに悩んでいる方にはたんぽぽ茶を試してみてはどうでしょうか。

母乳を出やすくするコツ

では母乳を出やすくするコツというのは他にどのようなものがあるのでしょうか。
母乳は赤ちゃんを出産するとすぐにスムーズに出てくるというものではありません。

赤ちゃんに吸ってもらうことでホルモンが分泌されて、少しずつ母乳が出やすくなっていきます。
つまり最初は出なくてもそこまで不安を感じる必要はないのです。

大切になるのは、出産後にできるだけ早い段階で赤ちゃんに吸ってもらうことです。
母乳が出ないのに吸わせるなんて可哀想だと思われるかもしれません。
しかし、そこで諦めてミルクを飲ませるとどんどん母乳は出にくくなってしまいます。

また、一定時間おきに授乳させるということも重要です。
最低でも1日あたり8回はおっぱいを吸ってもらうようにしてください。

また、母乳は血液から作られているので、おっぱいに流れる血液の流れをスムーズにするために、マッサージ等もかかさず行ってください。
そうすることで、母乳を少しずつ出やすくすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です