赤ちゃんの鼻水を甘く見てはいけない!鼻水の3つの理由と病院へ行くタイミング

kid0060-009

赤ちゃんの鼻を見てください。

赤ちゃんの鼻は低くて小さくて、鼻の穴も狭いです。

鼻の粘膜も大人に比べるとまだ未熟で薄いです。

このため、少しの刺激ですぐに鼻水が出てしまいます。

それだけに赤ちゃんの鼻水は日常茶飯事となりがちですが、「鼻水くらい」と放置しておくと、危険な場合もあります。

赤ちゃんの鼻水を、甘く見てはいけないのです。

鼻水の原因その1 鼻粘膜の刺激

baby-784607_960_720

赤ちゃんの鼻粘膜は、大人に比べると非常に薄いです。

このため、少しの刺激に過敏に反応してしまいます。

気温の変化や空気の乾燥、部屋のほこりなどが、これに当たります。

これらが刺激となって、鼻水が出たり、鼻がつまったりしやすくなるのです。

鼻水の原因その2 風邪のウイルス

風邪のウイルスが鼻から入ると、鼻水が出るようになります。

はじめはサラサラした透明の鼻水で、ひどくなると、粘り気のある黄色い鼻水になっていきます。

そして、鼻づまりを起こしてしまいます。

鼻水の原因その3 アレルギー性鼻炎

environment-pollution-1355416_960_720

アレルギーの原因物質が鼻から入ると、鼻水が出始めます。

サラサラした透明の鼻水が出て、それが止まりなくなります。

アレルゲンには以下のようなものがあげられます。

○花粉

○ほこり

○カビ

○ペットの毛

○空気の汚れ

○フケ

○ダニ

鼻水は放置していてはいけない

kid0060-009

赤ちゃんは鼻水が出ることが多いです。

だから、いつものことだと思って、放っておくことも多くなってしまいます。

でも、いつものことだからこそ、放置していてはいけないのです。

鼻水を安易に放置しておくと、症状が悪化し、他の病気に発展してしまうことがあります。

鼻水を放置しておくと起こること

baby-428395_960_720

中耳炎

鼻水だけだから、と放置しておくと、それが中耳炎のきっかけになってしまうことがあります。

中耳炎は、鼻から入った菌が、耳の奥にある中耳に入ってしまい、炎症を起こす病気です。

発熱して、耳だれ(うみ)が出たり、痛がったりして、不快な思いをするので、赤ちゃんの機嫌も悪くなり、よく泣くようになります。

悪化すると、切開しなければならなくなり、難聴になる場合もあります。

副鼻腔炎

鼻の奥には、副鼻腔という空洞があるのですが、その空洞に、風邪のウイルスなどの菌が入り込んで感染し、うみがたまってしまう病気です。

初乳の免疫が切れる6か月を過ぎたころからかかりやすくなる病気です。

微熱が続いて、黄緑色の鼻水が出て、鼻がつまったり鼻の穴が炎症を起こしてただれたりします。

鼻がつまっていることから、口で息をするようになり、咳も引き起こし、タンがからんだりします。

鼻水が出て病院に行くタイミングは?

kid0059-009

鼻水だけではなかなか病院へ行くまで思い切りはつきませんが、以下のような気になる症状があったら、早めに病院へ行く必要があります。

○熱がある

○鼻水の色が、黄色や黄緑色になっている。

○鼻水がなかなか止まらない

○鼻がつまっているせいで、なかなか眠れない

○鼻がつまっていて、授乳時に飲みにくそうにしている

○目が赤くなっていて、目やにが出ている

これらの症状がない場合でも、ママがなかなかうまく鼻水を取ってあげることができない場合は、病院で吸引してもらうことができるので、受診しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です