睡眠不足と闘う!育児中の睡眠不足解消法3選

赤ちゃん4

子育てや育児の最中は、睡眠不足に悩まされることも多いですよね。

実際、眠れないというのはとても辛いことですが・・・赤ちゃんは待ってくれません。

泣きたい時に泣き、ミルクが欲しい時にミルクを飲み、笑いたい時に笑うものです。

 

そんな生活を繰り返していると、子育てがとても大変だと感じるようになってしまい、結果的に子育てを楽しめなくなってしまうママもいます。

本当はとても素敵なことなのですが、子供に対してイライラしたり、ストレスが溜まったりすることも少なくはありません。

 

それらは睡眠不足からきていることもあるので、まずは十分な睡眠を摂れるようにしましょう。

今回は睡眠不足解消法をまとめてみます!レッツ、スリープ!

赤ちゃん4

3か月後まで頑張る

子供というのは、生まれたばかりの頃は脳が発達していないため、どうしても睡眠の感覚が短くなりがちです。

これはレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返す役割が脳にあるためで、その脳が未発達な場合は睡眠の時間も上手にコントロールできないワケです。

 

しかし、生後3か月ほどとなると、脳も睡眠のバランスを取るようになり、朝から行動して、夜に眠るような身体を作っていきます。

そうなると、自然と夜に赤ちゃんが眠ってくれるようになるワケです。

 

最初の3か月だけは辛いかもしれませんが、それも子育ての貴重な経験だと思って、楽しみながら頑張ってください。

嫌でも子供たちは大きくなるし、勝手に夜眠るようになりますからね。

まずは耐えることが秘策とも言えるでしょう。

 

適度に仮眠を取る

睡眠不足になると正常な判断ができなくなり、精神的にも不安になり、色々と身体と心に与える影響も大きくなっていきます。

近年虐待などで子供に危害を加えてしまうママの多くは、精神的に追い込まれた結果、そうなってしまうようです。

 

そのため、睡眠不足にならないように、適度に仮眠を取るようにしましょう。

睡眠時間を多く確保することによって、身体も心もバランスが取りやすくなります。

旦那や夫と相談しながら、休日は仮眠を取らせてもらうなど、時間の使い方を上手に調節していくことが必要となりますね。

 

仮眠は1時間するだけでも違うので、昼間に子供が眠った時などは、一緒に眠ってしまうというのも良いかもしれません。

もちろん、子供が一人で動き回ると困るので、しっかり赤ちゃん用のベッドで寝かせるようにしまようね。

 

精神的に安定した状態を作る

睡眠不足なママの中には、精神的に不安定になっていて、ストレスなどが原因で睡眠障害を引き起こしている場合もあります。

少しでも眠れないと思った場合は、自分のストレス状態がどれくらいなのかを考えてみましょう。

 

ちょっとしたことでイライラしたり、旦那や夫の挙動が癇に障ったりする方は、ストレスも相当抱えていると考えて良いです。

適度に夫婦間で話し合いを行うなどして、子育ての比重を分担することも重要です。

 

特に旦那が仕事をしている間は、常に自分が子供と一緒にいなくてはならないので、その点はしっかり考えておくことが重要となりますね。

 

 

子育て中に睡眠不足になると、どうしても心も身体も辛くなってしまいます。

まずは精神的に安定した状態を作り、仮眠を適度に取り、3か月経過するまで頑張ってみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です