子育てのイライラで夫婦関係まで険悪に!?原因6つ!

paternity-633453_960_720

子育て中はストレスや疲れがたまってしまい、ついついイライラしてしまうことも多くなります。

イライラしていると、一番身近な人に当たってしまい、その標的は夫になってしまうこともあります。

そうなると、夫婦関係まで険悪になってしまいます。

イライラの原因には、どのようなものが考えられるのでしょうか?

その1 子育ては思い通りにいかない

baby-390555_960_720

子供は、なかなか親の思う通りには動きません。

言葉の分かるようになってくる幼児期でもそうなのに、赤ちゃんともなると、言葉もまだ理解できないので、親の思うこととは真逆のことばかりしてしまいます。

本能のままに動く赤ちゃんと、理性のある大人では、違いすぎるのです。

思い通りにならないことは当たり前ともいえます。

 その2 部屋は散らかり放題、片付けてもすぐに散らかる!

omochabako

子供は散らかし屋です。

赤ちゃんはまだお片付けもできないので、散らかすだけです。

箱ティッシュをみたら、中身を全部出してしまおうとするし、立っているものは倒し、台の上に乗っているものは落とします。

常にきれいに片付いた部屋、という状態など、夢のまた夢となってしまうのです。

家に帰ってきた夫が、散らかっていることに文句でも言おうものなら、ママのイライラはMAXです。

その3 食事の時は、こぼす、濡らす、汚す!

paternity-633453_960_720

赤ちゃんの食事は、周りも自分も汚れること前提です。

放っておくと、コップは倒す、食器はひっくり返す、手づかみで身体中に食べ物をくっつける・・・・

ビニールシートや新聞紙などを利用して対策するのも、食事のたびに大仕事です。

イライラしますね。

その4 話の通じる相手との会話がない

baby-20339_960_720

赤ちゃんを産む前は、他者との会話といえば、保育士さんなど職業によっても違いますが、話の通じる大人とのものがほとんどでした。

それが、赤ちゃんの世話をしていると、1日中大人の言葉が通用しないのです。

会話というものが存在しない世界になってしまいます。

ストレスもたまり、イライラしますね。

その5 夫の帰るタイミングが悪い!

夫が帰宅するのは、夕方から夜にかけてです。

子育てにとっては、常に最悪のタイミングといっても過言ではないでしょう。

夕方帰ってくる夫なら、1日赤ちゃんの世話に疲れ切ってママはイライラしているとはいえ、まだお風呂入れを手伝ってもらえるので悪くはありません。

でも、夜遅くに帰ってくる夫となるとそうはいきません。

赤ちゃんの食事の世話や風呂入れ、その他の世話をすべて終え、ホッとしたところに帰ってくるのです。

眠っていた赤ちゃんを起こそうものなら、ママのイライラはMAXです。

その6 夫の理解がない

TAKEBE160224310I9A0467_TP_V

新米ママは育児について分からないことだらけですが、それはパパも同じ。

そして、分からないことについて理解しようとしない夫だと、些細なセリフや言葉の端々から、ママの育児のイライラは募ってしまいます。

夫には、想像力を働かせて、育児の大変さを理解してほしいものです。

それが望めない夫なら、たまには思い切って、赤ちゃんの世話を1日丸投げしてみましょう。

それならきっと、理解を得られることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です