子供連れでバーベキューはあり?BBQで気を付けたいマナー

少女3

最近ママ友の間で流行っているのが、ママ友同士を連れてバーベキューなどのアウトドアをすることですね!

かつて子育て中は自宅に籠るという方も多かったのですが、近年のママはアクティブに活動したいという方も多くなっています。

 

そんな中、子供連れでバーベキューに参加するのを「よし」とは思わない方も多いのが現状となっています。

それを踏まえた上で、今回はBBQで気を付けたい子連れのマナーについて紹介したいと思います。

 

たまに集まる仲間との時間の時、子供を連れてくる方も多いので、そういう方は周りが迷惑している可能性もあります。

まずはメンバーを考えて、参加するか否か考えてみましょう。

少女3

大人しくしてもらうこと

子供というのは、普段とは違うところに来たり、レジャーを楽しんだりする時は、とてつもないテンションとなることがあります。

もう奇声を発しながら騒ぎまくるという子供もいるし、自分の子供であればそれも可愛いと思ってしまうのが普通です。

 

ただ、子供に慣れていないメンバーがいる場合は、それも「ちょっとやばくない?」と思われてしまう可能性があります。

誰もが子供好きとは限らないので、そういう場に連れていく場合は、しっかりと大人しくしてもらうことにしましょう。

 

しかし、子供というのは大人しくするということができない生き物です。

BBQは火を使うレジャーなので、当然火傷や怪我などの危険も付き纏います。

その点も考えておきたいところですよね。

 

わがままや駄々に注意

大人がBBQで集まると、もちろん食べるのは楽しみの一つなのですが、アルコールを飲んで長々とトークするのが楽しみだったりしますよね。

しかし、それは子供にとって苦痛でしかないこともあります。

 

ママの中には子供の話で盛り上がっている方もいますが、それも他人にとっては「どうでもよいこと」という可能性があるので、長々とトークする場合は、子供にも理解してもらうことが必要です。

 

次第に子供達もわがままを言ったり、駄々をこねたりするようになるので、子連れの場合は早急に退散するのが良いかもしれませんね。

「ちょっと子供が帰りたがっているから、今日はこの辺で」と言えば帰れます。

むしろ子供が苦手なメンバーがいる場合は、その方が喜ばれるかも。

 

準備や片付けの邪魔をしないように

子供達は何にでも興味津々です。

特に新しいことと言うのは、刺激に満ちていますし、とにかく触ってみたかったり、とにかく邪魔してみたかったりします。

そういう時、やはり他の人の迷惑になってしまうこともありますよね。

 

もちろん、気を遣わなくて良い仲間だったとしても、そこからトラブルになってしまうこともありますよね。

「○○くんと衝突して怪我をしてしまった」とか「BBQの片付けの最中に火傷をしてしまった」ということも日常茶飯事です。

 

本人は良いかもしれませんが、むしろ相手が気を遣って全然楽しめないということもあります。

 

 

結論としては、子供がある程度大きくなるまでは、あまりBBQに連れて行かないというのも一つの選択と言えそうです。

もし連れていく場合は、しっかりとマナーを守れるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です