あなたの赤ちゃんがサイレントベビーにならないために!「抱き癖」のウソ

2-1

かわいい赤ちゃんが泣いていると、抱っこしたくなりますね。
でも、年配の方に「抱き癖がつくよ」と言われて、抱っこするのを止められたことはありませんか?
本当に抱っこするのは悪いこと?
泣いても放置して抱っこせずにいたら、あなたの赤ちゃんは、サイレントベビーと呼ばれる状態になるかもしれません。

2-1

 

抱き癖とは?

2-2

赤ちゃんが泣いたらすぐに抱っこしていたら、それが癖になって、独立心を阻害し、甘えてばかりの人間になってしまう、などといわれていた頃がありました。
確かに、そういう育児法が推奨されていた時代があったのです。
戦後、アメリカから入ってきた育児法です。
高度成長期の日本は、アメリカに憧れる風潮が強かったので、無条件で受け入れられ、「抱き癖」をつけるのは悪だという育児法が流行しました。

 

赤ちゃんはどうして泣くの?

2-3

泣く赤ちゃんは本当によく泣きます。
育児ノイローゼに陥ったママは、その泣き声にストレスを感じることも多いのですが、赤ちゃんは、泣くことしかできないのです。
泣いて、ママやパパに何かを伝えているのです。
「おなかが空いているの」
「おむつが気持ち悪い」
「抱っこして」「遊んで」
「眠たいの」
などなど、赤ちゃんが言いそうなことはたくさんあります。
でも、赤ちゃんには、それを伝える言葉がありません。
だから、泣くのです。
泣いたら、ママやパパが来てくれる。
だから、泣きます。
でも、そんな赤ちゃんを、「抱き癖」がつくからと放置していたら、どうなると思いますか?

 

泣くのをあきらめた赤ちゃんは、サイレントベビーになるかも

いくら泣いても、放置され続けた赤ちゃんは、泣くのをあきらめてしまいます。
そうなると、育てるママやパパにとって、都合がいいことは確かです。
周囲からも、「おりこうさんだね」「育てやすい赤ちゃんだね」と褒められるかもしれません。
でも、そうではないのです。
泣くのをあきらめた赤ちゃんは、サイレントベビーと呼ばれる状態になる可能性が高くなります。

 

サイレントベビーとは?

2-4

「サイレントベビー」という言葉は、最近よく言われるようになってきた言葉です。
その特徴としては、以下のことがあげられます。
・喜怒哀楽の表現が極端に少ない
・おむつが汚れても泣かない
・笑わない
・とにかく泣かない
このような赤ちゃんを見て、どう思いますか?
たしかに、手がかからなくていい子に見えます。
でも、これは、赤ちゃんの心に負担がかかった状態で、健全な状態とはいえません。

サイレントベビーにならないためには、とにかく愛情をかけて、赤ちゃんにかまってあげることです。
もちろん泣いたら抱っこしてあげます。
ママやパパの愛情を小さな体いっぱいに受けた赤ちゃんは、心身ともに健康な赤ちゃんに育っていきます。

 

無理はしないで

2-5

我が子がサイレントベビーになるのを恐れるあまり、1日中でも抱っこをせがんで泣き続ける赤ちゃんに、ずっとかまう必要はありません。
神経質になって、あなたが育児ノイローゼに陥ってしまったら、赤ちゃんにも悪影響が及びます
無理のない範囲でいいのです。
あなたが赤ちゃんに精一杯の愛情を伝えてあげていたら、疲れたり忙しかったりして、しばらく泣いたままにされていたからといって、すぐにサイレントベビーになるわけではありません。
サイレントベビーは、ずっと放置され続けた赤ちゃんが陥る状態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です