ママ友ドン引き!ママが気を付けたい子供に対する行動3選

少女

最近急増するモンスターママに・・・あなたは出会ったことがありますか?

もしかしたら、自分自身がモンスターママとして影でヒソヒソ噂されているかもしれません。

 

実際、ママ友がドン引きする行動をしているママも多く、本当に気を付けた方が良い場合もあります。

しかし、そういうままに限って、全然気づいていないワケです!

そこで!今回はママ友が引いてしまうほどのモンスターママの行動について紹介します。

 

当てはまってしまった方は、今すぐにやめるようにしましょう。

もしかしたら、その教育方針が子供に大きな悪影響を与えてしまうかもしれませんよ。

少女

人目を気にせず大声で叱る

最近は「子供を叱れなくなっている親が多すぎる」と言われていますが、実際に街中だというのに大声で子供を叱っているママを見たことはありませんか?

確かに叱ることはとても大切なことですが、子供達は街中で怒られたことがトラウマになりますし、周りの人は「そんなに怒らなくても」と思っていることでしょう。

 

例えば交通機関で子供が大騒ぎしていて、それを叱るママがいたとします。

普通であればとても微笑ましい光景ですし、叱るママの光景も「しっかりした人だな」と映ることが多いでしょう。

 

しかし、大声で叱っていると「あのママの方がうるさいよね」と周りに言われてしまうかもしれません。

他のママ友といる時は「ちょっと注目されているからやめて」という感じかも。

叱る時もTPOを考えましょう!

 

子供の奇抜な髪型や染色

いわゆるDQNママに多いのですが、子供の髪型をモヒカンにしたり、ラインを入れたり、ツーブロックにしたり・・・まるで着せ替え人形のように楽しんでいるママがいます。

自分自身は楽しいかもしれませんが、周りから見るとやっぱり「ちょっとやりすぎだよね」と思われてしまいます。

 

「それは考え方が古いんじゃない?」と思うかもしれませんが、実際に子供達の髪型を奇抜にし過ぎてドン引きされているママはたくさんいます。

子供であればなんでも可愛いと思ってしまうのですが、やめた方が良いですね。

 

また、子供の意に反して髪の毛を染めているママもいるのですが、染色するための液体が頭皮と髪の毛に与えるダメージを知っているでしょうか。

大人でも髪の毛がボロボロになってしまうほどなのに、それを子供にするというのは、正気の沙汰ではありません。

 

自分の子が一番!溺愛甘やかし

当然子供は自分にとって一番の存在だというのはわかりますし、それが正しいとも言えます。

しかし、ママ友といる時は、自分の子が必ずしも一番ということはないです。

むしろ、比較するのはあまり良くない。

 

自分の子が一番だと言って、溺愛し、甘やかしすぎると他のママからバッシングが飛んでくる可能性もありますね。

何をしても許してあげたくなるのはわかりますが、他のママや子を敬う気持ちも忘れてはいけません。

 

ママ友の間で孤立してしまうことは、将来的な子供の教育にも大きな影響を与えてきます。

「そういえばあの家のママって、昔相当不思議なママだったよね」と噂されれば、子供が大きくなってからいじめの対象となるかもしれません。

 

 

ママが痛い行動をすることによって、子供たちが受ける影響はとても大きいです。

もう少し周りを見てみて、行動には気を付けておきたいところですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です