母乳と人工ミルクはどっちがおすすめ?メリット・デメリットまとめ

150809330849

ママになると、当然子育てに奮闘する時間が生活の主たる部分となります。

「寝ては起きて寝ては起きて」を繰り返す子供の面倒を見ながら、オムツを取り換えて、ミルクもあげないといけませんよね。

 

そういう負担を少しでも減らそうと、ミルクは人工の粉ミルクにするという方も多いですよね。

しかし、逆に「母乳で育てて上げたい」と思っている方もたくさんいるのが事実。

果たして、本当はどちらの方が良いのでしょうか?

 

そこで、今回はそれぞれのメリット・デメリットを紹介していきます!

150809330849

母乳のメリット・デメリット

まず、母乳のメリットですが、こちらはやっぱり愛情を持って育てることができますよね。

もちろん粉ミルクだから愛情がないというワケではないですが、母乳で育てるのは子供にとってもママにとっても精神安定上良いものです。

 

デメリットとしては、体調によって母乳の質が変わってしまうことですね。

ある研究によると、母体の健康状態が悪かったり、ストレスが溜まっていたり、食生活が悪かったりすると、母乳の質も悪くなると言われています。

 

確かに母乳で育ててあげることは良いのですが、体調によって左右される面を考えると粉ミルクの方が楽かもしれませんね。

ただ、母乳をあげられるのは子供を産んでからの一時期だけなので、それを考えると貴重な体験として経験しておくのも良いかも!

 

人工ミルクのメリット・デメリット

人工ミルクのメリットとしては、やはり楽なんですよね。

ある程度完成しているので、後は温めて溶かして飲ませてあげれば、子供達も原則としては成長していくことができます。

栄養分だって総合的に考えて作られているし、体調に左右されることもありません。

 

逆にデメリットとしては、費用がかかるということと母乳という自然物を利用することができないという面にあります。

また、中には人工ミルクだと嫌がる子もいますし、ママの親世代が「母乳であげなよ」という干渉をしてくる可能性もあります。

 

人工ミルクは楽ですし、栄養素なども考えられているものの、周りの目などを気にする場合は母乳の方が良い面もありますね。

もちろん、子育て中はそんなこと気にしない人も多いですが・・・。

 

結局どっちが良いの?

結局どちらが良いのかについては、それぞれ個人の意見によって分かれてきそうです。

もしくは、状況に合わせて使い分けていくのが良いのかなと思います。

体調が優れない時や子育て疲れが酷い場合などは、人工ミルクで育児の負担を減らしてみることも重要ですね。

 

また、人工ミルクの方が近年は主流となっていると言えます。

やはり母体に左右されることなく、それでいてパパもミルクを与えることができますよね。

夫婦で協力して育てていくなら、粉ミルクなども良いかなと思います。

 

こればかりはこだわりによって変わってくるので、それぞれ選んでみると良いでしょう。

 

 

近年は質の良い人工ミルクも多くなり、粉ミルクなどを利用する方が多くなっています。

その一方で、ナチュラルな子育てを好む方にとっては、母乳が良いという方も増加していますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です