小さな子供がいても海外旅行に行きたい!注意したい3つのこと

少年

小さな子供がいると、どうしても行動に制限がかかりますよね。

しかし、中には小さな子の写真を載せて「海外旅行に行ってきました」なんて投稿をSNSで見かけることも多くなってきました!

 

海外旅行が身近になったのは良いけれど、小さな子供がいるのに「どうやって行ったのかな」とか「子供は大丈夫だったのかな」とか考えてしまいますよね。

今回は、小さな子供がいても海外旅行に行きたいよ!そんな方に注意しておきたい3つのことを紹介します。

 

注意さえ怠らなければ、子供を連れて海外旅行もできますよ!

少年

病気・感染症・怪我

小さな子供というのは、海外旅行先で病気になったり、感染症になったり、怪我をしてしまったりすることもあります。

大人でも気を付けておかないと怪我をしてしまうことが多いし、病気や感染症になることも多いです。

 

子供というのは免疫力も低いので、海外の凶悪なウイルスに負けてしまうこともあります。

海外旅行に行くという時は、その点に十分気を付けておきたいところですね。

特に都会であれば虫が少ないですが、リゾートやジャングルなど自然を満喫するところでは、生物を介した病気・感染症などもあります。

 

場合によっては海外旅行保険に入るなど、色々と考えて行動しましょう!

 

迷子・行方不明

海外旅行先では、子供が迷子になることもあるし、場合によっては行方不明になることもあるかもしれません。

そもそも、あまり迷子や行方不明になることはないですが、完全に「その確率はない」とは言えないのが現状です。

 

特に治安の良い町だとしても、子供が誘拐されてしまう可能性だってあるし、治安の悪いところだと親が誘拐されてしまう可能性だってあるかもしれません。

基本的に夜の行動は避け、子供達から絶対に目を離さないようにしましょう。

 

いや、手を離さないというのが基本となりますね。

どんなことがあっても、行動する時は一緒で、常に手を繋いでおくことが最大の防衛となります。

小さな子供の場合は、ずっと抱っこしておくことも大切ですね。

 

他人への迷惑

海外旅行というのは、自分たちが行くだけではありません。

飛行機や交通機関では、多くの方が利用していることを忘れてはいけませんよね。

特に小さな子がいるママやパパというのは、ある種盲目的になっていて、子供が騒いでいても放っておくという方がいます。

 

それは良い意味での放任主義とは言えないので、しっかり叱れる親になりましょう。

特に海外旅行先だと言葉が通じないこともあり、現地の人に嫌な思いをさせてしまうかもしれません。

 

海外旅行をする以上、最低限のマナーとルールは守れるようにすることが重要ですね。

特に飛行機での移動は子供達にとっては大きな負担となるので、泣きわめくこともあるかもしれません。

その時、どのように対応するかが重要ですね。

 

 

海外旅行は楽しいですし、子供がいても行けないことはないです!

しかし、注意点をしっかりと考えて、その上で行動することが必要となるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です