赤ちゃんのお肌を守るポイントをチェック

af8abca805b4b5c9b3f4ce0113ee7460_s

赤ちゃんの育児でお肌を守る方法は?
敏感なお肌をケアするポイントをご紹介します。

子供のお肌というのは、つるつるしていてとってもみずみずしいものです。
しかし、その半面とにかく繊細でちょっとした刺激に弱い一面があるのです。

乳児の世話をしていると、おむつでかぶれているのに気づくことがあります。
デリケートなおしりを、かぶれないように維持するためにも、おむつかぶれの原因や予防方法について考えてみましょう。

赤ちゃんのお肌って?

子供のお肌というのは、とにかく薄くてデリケートです。
大人のお肌と比較をすると、表皮が薄くて色々な刺激に弱いですので、ちょっとしたことでも敏感に反応してしまいます。

デリケートなお肌ですので、しっかりとケアをして守ってあげるようにしなければなりません。

おしりにはブツブツができやすいのですが、おむつかぶれやあせも、乳児湿疹などには違いがあります。
お肌トラブルとして最も多いのは、乳児湿疹、あせも、おむつかぶれがあります。

どれも共通していて赤みが強く、湿疹のようなものができます。
そのため、お肌が薄く弱いのでスキントラブルがとても多いのです。

新生児に起こりやすい乳児湿疹やおむつかぶれを起こしているのを見ると、つい慌てて間違った方法で手当をしてしまうこともあると思います。
このような区別のポイントというのは赤みや湿疹のできやすい場所です。
乳児湿疹は主に、皮脂の分泌量の多い頭皮、おでこや耳にできます。
あせもは首、肘といった皮膚が重なっている場所に多く出るのです。

おむつかぶれというのはお尻、性器や肛門の周辺だけにできます。
体のどこにポツポツができているのかはお尻や肛門周辺をチェックすればすぐに分かります。

おむつかぶれの原因

おむつかぶれの原因というのは色々あるのですが、かぶれはどのように起こっているのでしょうか。
赤いブツブツができてしまっていたり、広範囲に赤くただれていたり、グチュグチュに悪化してしまうこともあります。

見た目は少し赤い程度であっても、お湯をかけて痛みを感じたり、お尻を拭かれるのを嫌がってしまったり、かぶれが始まっていることもありますので少しでも早く処置をしてあげるようにしなければなりません。

おむつかぶれを予防するには、おしっこやうんちの回数が関係していると考えて良いでしょう。
乳児は一日に何度もおしっこ、うんちをしますので、お肌に排泄物が付着しやすいということです。

おしっこのアンモニアというのは皮膚をかぶれさせてしまいますし、赤ちゃんのうんちは酸性ですのでお肌にダメージを与えやすくなります。
そのため、少しでも排泄した場合には、迅速におむつを交換するようにしましょう。

お肌のトラブルを少しでも予防、改善するためには、お母さんがこまめに排泄物などの処理をしてあげることが重要です。
こまめにお手入れをすることで、少しずつですがお肌トラブルを予防、改善できるようになります。
自分でお肌のケアをすることができない子供のケアをしてあげられるのはお母さんだけですので、しっかりと観察をしてケアしてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です