小さな子供がよく泣くのはどうして?どうすれば泣かなくなるの?

5d236b62ea18562d35d14602801ba3d8_s

よく泣く赤ちゃんはどうして泣いているの?
泣き声対策はどうすれば良い?

小さな子供というのはとにかくよく泣きます。
この子供が泣くというのはある程度は仕方のないことだといえます。
しかし、それはある意味小さな子供を育てている人の勝手な言い分であるともいえるのです。

子供の泣き声というのは親であってもうるさいと感じることがありますし、イライラしてしまうこともあります。
そのため、他人がこのような声を聞かされることで不快な思いをさせてしまうことがあるのも仕方のないことです。

これが戸建てなら良いのですが、集合住宅に住んでいるような場合には、泣き声にかなり敏感になってしまうのではないでしょうか。
あまりにも酷く泣く場合には虐待を疑われてしまうのではないか…
そのような不安を感じることもあるでしょう。

そこで、まずは赤ちゃんが生まれるまでに騒音対策から生まれてからの対策など、騒音という面からチェックしてみましょう。

赤ちゃんが生まれるまでにできること

自分の赤ちゃんがどのような泣き声で、どのくらい夜泣きをするのか…
そのようなことは誰にも分かりません。

でもどのような赤ちゃんでも必ず泣きます。
そのため、赤ちゃんが生まれることが分かったそのタイミングで騒音対策はしっかりと行うようにすべきです。

近隣の住民に軽く挨拶をしておくのも重要です。
お隣さんに、赤ちゃんが生まれるので泣き声などでご迷惑をおかけしますが…
といった程度で問題ありません。

菓子折りを持ってなんてことは必要ありません。
もちろん、そう言ったからどれだけ泣いても良いというものではありませんが、伝えておくだけでも全く違ってきます。

一番トラブルに繋がってしまうのは騒音を当然だと思っていることです。
赤ちゃんがいるから当然でしょ?
子供がいる家はみんな迷惑かけるものでしょ?

そのような考え方をしていると、最悪の場合ご近所トラブルとなってしまうのです。
また、物理的な面からいえば、カーテンを防音仕様のものにしたり、集合住宅などであればプレイマットを敷くといった工夫もできます。

また、赤ちゃんが歩いていないからと思うかもしれませんが、下の階に聞こえる泣き声を軽減することもできます。
タイルカーペットなどは手軽に敷くことができるので、試してみてはどうでしょうか。

泣き声がうるさいとき

夜泣きや、嫌々期になって泣きわめくようになった場合にはどのように対処をすれば良いのでしょうか。
まず、一番最初に注意しなければならないのが窓です。

窓が空いていると近所中に泣き声が響いてしまいます。
そのため、窓をできるだけ閉めるようにしましょう。

それでも泣き止まないのであれば、外に出てみるのも良いでしょう。
外に出すだけでもすぐに泣き止むことがあります。

激しく泣いている赤ちゃんを外に連れて行くというのは余計に、ご近所に迷惑をかけるのではないかと思われるでしょう。
しかし、実は外に連れ出すというのはとても効果的なことですので、試してみてください。
このように、泣きわめく赤ちゃんに対しての対策、予防というのはいくつもありますので、是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です