新生児はいつから外に出ることができるの?

4d20ed808568a63f6ffed4dae097ca0f_s

赤ちゃんが生まれてから外出までの期間は?
新生児と外出のタイミングについてご紹介します。

赤ちゃんが生まれてからしばらくは家の中で過ごします。
では、赤ちゃんはいつから外出がOKされるのでしょうか。
赤ちゃん自身は、1ヶ月検診で問題等なければ外出することが許されます。

しかし、単純にいつから外出して良い!というものではありません。
というのも、生まれた季節が赤ちゃんによってそれぞれ異なるからです。

春に生まれた赤ちゃん

春に生まれた赤ちゃんが外出時に注意すべきことは気温や紫外線に注意することです。
初春であればまだまだ寒いですので、もう少し待ってから外出するようにした方が良いでしょう。

また、5月の紫外線というのはとても強烈ですので、気温、天気に惑わされることがないように注意してください。
曇り空であっても紫外線は多く降り注いでいるからです。

風が強ければホコリや花粉もたくさん飛散しています。
赤ちゃんにマスクをするわけにはいきませんね。

それよりも、赤ちゃんを包むことができる薄手のブランケットのようなものがあると便利ですよ。

夏生まれの赤ちゃん

夏はその暑さに注意しなければなりません。
体力のない赤ちゃんですので暑さには極めて弱いです。
そのため、こまめに水分補給をしてあげてください。

車で外出するときには、尋常ではないくらいに暑くなりますので赤ちゃんが乗る場合には少し早めにエアコンをつけておくようにしましょう。
寒くなる程エアコンを下げてはいけませんので、大人が少し暑いくらいの温度にしましょう。

服装は、やはりできるだけ涼しい格好が理想的です。
紫外線が気になるところではありますが、なによりも体温調節できるようにしなければなりません。
赤ちゃんが嫌がらないのであれば、帽子で紫外線を防ぐようにしましょう。

秋生まれの赤ちゃん

秋は赤ちゃんが外出するには最適な季節です。
気温や湿度もちょうどよいですし、春のように風が強くありません。

ただし、寒暖の差が大きくなりますので、赤ちゃんが体調を崩しやすくなります。
そのため、できるだけ暖かめの服装を心がけるようにしてください。

晩秋の時期なのであれば、インフルエンザの流行も気になりますね。
そのような時期には外出は極力控えるようにしてください。

生後3か月未満の赤ちゃんというのは風邪にかかると重篤化しやすくて、インフルエンザにおいては命の危険のあるものです。
そのため、晩秋には人ごみは極力避けるようにしなければなりません。

冬生まれの赤ちゃん

冬生まれの赤ちゃんは寒さに強い!
なんてことはもちろんありません。
寒さが厳しい場合には空気も酷く乾燥してウイルスがたくさん浮遊しているのです。

新生児の場合には外出は必要最低限にとどめて、家の中でしっかりと体ができあがるのを待たなければなりません。
雪が降った時には一緒に遊びたいと思うかもしれませんが、新生児にはそれはあまりにも酷です。

このように、季節によって赤ちゃんの外出のタイミング、注意点というのは異なりますので、お母さんがしっかりとそのことをチェックしておかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です