新生児ニキビって?どうすれば予防できるの?

bb9978aacc866d22d66534faa87fe5d6_s

新生児ニキビって知っていますか?
このニキビの予防や改善方法をご紹介します。

生まれてすぐの赤ちゃんのお肌というのはとても綺麗だと思っていたにも関わらず、ニキビが多い…
そのようなことになれば、やはり母親としては心配になってしまいますよね。

新生児特有のニキビというのは決して珍しいことではありませんので、ニキビの対処方法についてしっかりとチェックしておきましょう。
まずは、このニキビの症状についてご紹介します。

新生児ニキビの症状

生後三週間から三ヶ月の間の新生児によく見られるニキビになります。
産後産婦人科において過ごしている間というのは、皮膚が最も新しくきれいな状態です。
そのため、自宅に戻ってからニキビができはじめます。

おでこや、口の周りにニキビができることが多いと言われています。
濡れているタイプのものもあれば、カサカサ乾燥しているものもあります。
種類はいくつかあるのですが、どちらも深刻に考える必要はありません。

生まれて三ヶ月程度が経過すると少しずつ症状が落ち着いてきます。
では、ニキビの原因となっているのはなんなのでしょうか。

ホルモンの影響を受けることが原因となっていると言われています。
お母さんの妊娠中の生活が影響していたり、なにか問題があるということではありません。

赤ちゃんのお肌の毛穴というのはとても小さいですし、それでいて薄いです。
ホルモンの影響によって過剰に増加した皮脂、汚れがほんの少量であっても簡単に詰まってしまい、その結果としてニキビになってしまうわけです。

女の子よりも男の子のほうがこの新生児ニキビができやすいといわれています。
では、どうすれば赤ちゃんのニキビは治るのでしょうか。

ニキビの上手な治し方

まず基本としては清潔にしてあげることです。
洗いすぎると乾燥してしまうのではないかと不安に感じるかもしれませんが、ぬるま湯で洗い流した方が赤ちゃんのお肌というのは清潔に保つことができるのです。

ミルクや母乳を飲んだ時には口元をタオルで拭くだけでなく、ぬるま湯できれいに洗ってあげてください。

ニキビがジュクジュクしている場合には、炎症を起こしてしまっている可能性があります。
小児科、小児皮膚科を受診してみてください。

カサカサに乾燥して剥がれてしまいそうなときには、無理をして剥がさないようにしてください。
すぐにでも剥がれそうでも、剥がしてしまうと痛みを感じることもあります。

カサカサに乾燥しているものでも、自然に放置していればしっかりと治ってくれます。
できるだけニキビを刺激しないようにして、余計なものは使用しないようにしてください。

ただし、お肌に負担がかからないように注意することは大切です。
引っ掻いてしまったり、体を拭く時に刺激してしまうとニキビの治りが遅くなってしまうことがあります。
そのため、お肌のお手入れやお風呂の時などに刺激してしまうことがないように、特に注意してあげましょう。
ちょっとした刺激でも炎症が酷くなったり、痛みを感じてしまうことがあるということを忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です