育児をするなら赤ちゃんの紫外線対策も忘れずに!

6944318a778d4216a04872f1af52eac9_s

育児をするなら赤ちゃんの紫外線にも注意です。
手軽にできる赤ちゃんの紫外線対策をご紹介します。

紫外線というのは年中降り注いでいます。
そのため、紫外線対策をしているお母さんも多いでしょう。
しかし、紫外線を気にしなければならないのは、お母さんだけでなく赤ちゃんも同じです。

特に、生まれてから間もない赤ちゃんというのは紫外線の影響を強く受けやすくなります。
そこで、赤ちゃんと紫外線の関係性について考えてみましょう。

 

赤ちゃんにも紫外線対策は大切

日光浴が必要!
たくさん太陽の光を浴びて遊ぶのた子供の基本!
なんて言われていましたが、最近では小さなころから紫外線対策をするのが当然の時代です。
日光浴を絶対にしてはいけない!というものではありませんが、紫外線が多い時には紫外線対策は必須なのです。

赤ちゃんのお肌というのはとにかくデリケートです。
少し長い時間紫外線を浴びただけでも酷く火傷をしてしまうこともあります。
赤ちゃんのお肌というのは極めてデリケートですので、直射日光での日光浴は避けるようにして、日傘などを使用してあげてください。

 

紫外線が赤ちゃんに与える影響は?

紫外線とはいっても、UV-A波とB波とがあります。
UV-A波というのは窓ガラスを通り抜けてお肌の奥にまで届きます。
シミやシワの原因となるものです。

UV-B波はエネルギーが強烈で、火傷のような状態になります。
水ぶくれのような炎症が起こる原因とされているのです。

この2つの紫外線によってお肌というのは真っ赤になってしまったり、火傷のような状態になってしまうのです。
大人でもそうですので、赤ちゃんのデリケートなお肌では炎症はさらに酷くなってしまいます。

さらに赤ちゃんはメラニン色素の数が少ないために、お肌の抵抗力が弱いです。
つまり、紫外線の影響を直接的に受けやすいわけです。
紫外線は浴びればその分だけ蓄積されていきますので、赤ちゃんのうちから紫外線と上手に付き合っていくことが大切なのです。

赤ちゃんのお肌に日焼け止めを塗るというのは少し気が引けますよね。
そのため、外出するのであれば、できるだけ夕方の紫外線の弱くなった時間帯にしましょう。
日傘や大きめのタオルなどを使用して紫外線をガードしてみましょう。

長時間日に当たるのであれば、赤ちゃん用の日焼け止めを塗るのもありです。
赤ちゃん用なので、石鹸で落とすことができて、お肌にかかる負担が小さなものもありますので、試してみてはどうでしょうか。

ただ、紫外線というのは悪いことばかりではないのです。
紫外線を浴びることで、ビタミンDが生成されます。
このビタミンDはカルシウムを骨が吸収する時に欠かせません。

ビタミンDが不足をすると、くる病という病気を発症することもあります。
1日に15分程度浴びれば十分です。
適度にお散歩をするなどすれば問題なくビタミンDを作ることはできますよ。

紫外線が降り注いでいない日はありません。
雨の日も曇りの日も、そして晴天の日も大量の紫外線が降り注いでいるのです。

自分で紫外線対策ができない赤ちゃんですので、お母さんがしっかりと紫外線対策をしてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です