夏の赤ちゃんの肌のトラブルを予防しよう

3d9f8d986d6817ea11cf1e00ca4d00bf_s

赤ちゃんの肌は皮膚が大人の半分程度で、外部からの刺激に弱く
ちょっとしたことでも、肌トラブルになります。
特に夏は、汗をたくさんかくことで汚れもたまってきます。
ママが気をつけて、夏の肌のトラブルを予防しましょう。

3d9f8d986d6817ea11cf1e00ca4d00bf_s

 

室内の環境をよく

夏の暑いときは、室内の環境をよくするためにエアコンを使います。
冷えすぎないように24度から28度に設定しましょう。
扇風機を合わせて使う場合は、直接風が当たらないように注意します。
室内にいるときも、紫外線には注意して直接太陽が当たらない場所で
遊びます。

9821c6b26875db60c8752d3aa2ae66e3_s

 

衣類は

衣類は汗に強く通気性がいい、綿100パーセントを買いましょう。
肌に刺激が強すぎないように、デザインはシンプルなものを選びます。
汗や汚れが気になったら、すぐに着替えをしましょう。
赤ちゃんの衣類は、大きすぎても小さすぎても自由に体を動かせないので
ちょうどいいサイズを選ぶことが大切ですよ。
気温が上がったときは、タンクトップを着せるママもいますが
わきの下に汗が溜まって、あせもができることがあります。
お昼寝のときは、お腹が冷えないようにバスタオルを掛けておきます。

 

紫外線対策

d048c5c5c41898c0641d2b61c4435fe0_s

赤ちゃんの肌は、大人よりも紫外線の影響を受けやすいです。
ベビーカーで外の出るときはサンシェードを使いいます。
真夏は紫外線が強い時間帯、10時から14時は避けてお散歩は朝の
涼しい時間にします。
紫外線が当たらないように、長袖や長ズボンを使用して
できるだけ日陰を選んで歩くようにします。

 

肌を清潔に

af8abca805b4b5c9b3f4ce0113ee7460_s

赤ちゃんは汗をかいていないか、いつもチェックする必要があります。
またおむつが汚れていないかどうかも、確認します。
おしりが汚れているときは、ぬるま湯で流ししたりシャワーで流します。
おしりをふくときに力を入れすぎると、刺激になるので
タオルで、やさしく水分をふき取ってください。
お風呂に入ったときは、お湯を含ませた柔らかいガーゼを使ってもいいですよ。
38度くらいのぬるま湯で、お湯につかるのは5分程度でOKです。
石鹸も、肌に優しいものを使います。

 

おむつかぶれ

夏はおむつの中が蒸れて赤くなったり、ぶつぶつが出ることがあります。
おむつが肌に合わなかったり、おしりふきのアルコールでも荒れます。
下痢になったときは、かぶれやすいので注意しましょう。
清潔にした後は、症状が軽ければ市販薬を使いましょう。
ベビーパウダーは、肌が荒れているときは刺激になることがあります。

 

虫よけをしよう

de9b59a7f49c1872d397cbebe797f6ca_s

虫がいる場所に出かけるときは、できるだけ肌の露出を避けます。
蚊は水が溜まったところに多いので、外遊びでは近づかないようにします。
直接お肌につける虫よけスプレーは、刺激が強いことがあります。
ベビーカーやベビー服に天然ハーブのスプレーをしたり、シールを貼ることで
虫よけができます。

 

最後に

夏になると汗をかいて、赤ちゃんの肌のトラブルが多くなります。
紫外線や虫よけをしっかりして、デリケートな赤ちゃんの肌を守りましょう。
症状がひどい場合は、すぐに皮膚科を受診しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です