子供の発達障害とは?特徴・症状と調べ方について

少女3

子供の発達障害に関しては、小さな頃に判明することがあります。

実際、子供達の中には、普通のことができなかったり、落ち着きがなかったり、ちょっと疑問を持つ子がいたりすることもありますよね。

 

そういう時、もしかしたら「発達障害なのかもしれない」という思いが頭をよぎることがあります。

基本的に発達障害は軽度が軽いものもありますし、逆に重いものもあります。

3歳くらいで発達障害を疑われることも事例としてあるので、気になる方は検査を受けてみましょう。

 

今回は子供の発達障害に関してまとめていきますね。

少女3

子供の発達障害とは

発達障害とは、人間が発達する段階で障害が見られることを言います。

よく自閉症やダウン症と混合して考える方がいますが、実際は内容も異なっていることが多く、症状もそれぞれの人によって変わってきます。

 

発達障害は、近年大人になってから判明することもあり、社会活動や日常生活の中で「自分ってちょっと周りと違っているなぁ」と感じるところから始まることもあります。

調べてみたら「発達障害の傾向が見られますね」と言われてしまう可能性もあり、なかなか受け入れられないという方もいます。

 

発達障害とは、本当に見た目だけではわからないことも多く、例えば「あの人ちょっと変わっているよね」と言われる程度のこともあります。

逆に「ちょっと人として常識がないよね」というような方もいて、その判断は難しいです。

 

特徴や症状について

発達障害の子供たちは、一番多く見られるのが落ち着きのなさなどです。

良く小学校などでは、落ち着きがなくフラフラと歩きまわる子などもいますよね。

そういう子は、発達障害に悩まされていることもあるかもしれません。

 

その他、身体を常にゆらゆらと揺らしていたり、同世代の子ができる計算や読み書きができなかったりすることなども特徴となっています。

さらには、感情の抑制などができず、癇癪を起してしまう子なども発達障害の可能性が見えてくるでしょう。

 

「自分の子に限ってそのようなことはない」と思う方が大半ですが、育っていく中で気づいてあげないというのは、逆に子供たちを苦しめてしまうことにもなります。

世の中の常識を叩きこもうとして苦しませるよりも、発達障害の子は発達障害の子の道を上手に歩む方が先決となります。

 

発達障害かどうか判断する方法

発達障害かどうか判断したい場合は、まずは専門の医師に相談してみましょう。

近年は専門として見てくれる医師も多くなっているので、その手の病院に行けば検査してくれます。

 

もちろん費用に関しても必要となってくるので、ある程度余裕を持っておくことが必要となりますね。

さらには、しっかり考えて医師の意見を聞かないと、その後の子供達の人生設計にも大きく関わってくるものとなります。

 

発達障害かどうか判断するのは、容易なことではありません。

当然、受け入れる両親も相当の覚悟が必要となってきます。

その点も考えて、医師と相談してサポートしてもらうことが重要ですよね。

 

 

 

子育てというのはすべてが順調で完璧ということは、万に一つもありません。

どこの家庭も悩みを持っていて、その悩みもまた色々です。

発達障害は早い段階で分かれば、対処方法も見えてくるので、少し他の子と違うと思った時には調べてみることも重要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です