赤ちゃんの熱中症予防の重要性について

赤ちゃん5

赤ちゃんの熱中症予防についてご紹介します。
熱中症予防をして楽しい夏にしましょう。

暑い夏というのは気温が年々上昇しています。
熱中症になる方も増えていますし、赤ちゃんは大人と比べると熱中症になりやすいので不安ですよね。
夏は楽しい事もたくさんある季節ですが、熱中症は怖いです。
特に赤ちゃんは体温が上がりやすいですし、水遊びの場においてはもちろん、家の中やベビーカーで熱中症になってしまうこともあるのです。

しかし、どれだけ調子が悪くても、赤ちゃんは話をすることができないのでサインにもなかなか気づきにくいものです。
赤ちゃんの様子をしっかりと確認してから周囲の大人がサインにいち早く気づいて、対応するということがなによりも大切なのです。

赤ちゃんが熱中症になりやすい理由

暑い時、通常は汗をかくことによって体の熱を放出して体温調節をします。
しかし、疲れていたり体調が悪い時などというのは熱中症になりやすいのです。

一気にたくさんの汗をかくと脱水症状を引き起こし、体内に熱がこもってなかなか熱が下がらないようになるのです。
その結果、熱中症を発症してしまいます。
では、赤ちゃんが熱中症になりやすい特徴というのはどこにあるのでしょうか。

体が小さいために、周囲の気温の影響を大きく受けてしまうのです。
体温調節が上手にできずに熱が体内にこもりやすくなって、水分や電解質異常を引き起こしやすくなります。

大人よりも水分量が多い赤ちゃんは、水分の摂取量と排出量による影響を受けやすくなってしまうのです。
そのため、こまめに水分補給をすることがとても重要になるのです。

また、外出時にはベビーカーに乗っていて、地熱の影響を受けやすくなっています。
また、熱のこもっている室内において熱中症を起こしてしまうこともあるのです。

身体が小さいために初期症状から短時間で症状が悪化してしまいます。
赤ちゃんのサインを見逃さないようにしたり、水分補給をするなどといった対応を取るべきです。

熱中症のサインって?

熱中症というのは親が赤ちゃんの環境に注意をすることで防げる病気です。
出かける時間帯や持ち物に注意するようにしましょう。
赤ちゃんは言葉で訴えることができないので、じっくりと様子を見るようにしてください。

熱中症に対して早めに対応したり、用意をしておくことで赤ちゃんの熱中症を防ぐことができます。
熱中症というのは疲労感や熱痙攣、といったものが見られます。

元気がなかったり、妙に大人しかったり、ぐったりします。
そして汗の量が普段よりも明らかに多く、顔色が悪くなります。
目がうつろになるのも特徴ですので、このような症状が見られる場合には熱中症を発症している可能性がありますので十分に注意しなければなりません。

熱中症の症状が出たら、早急に体を冷やしてあげます。
日陰で寝させて、衣類のゴムを緩めてください。
そして脇や股関節、首といった血液の集まる部分を氷やアイスノンで冷やすことで体温を効率よく下げることができますよ。
暑い時期に外出するのであれば、できるだけアイスノンなどを準備しておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です