お風呂デビューっていつからなの?お風呂デビューのポイントは?

341b230ff18025fd1e74a738b26a334b_s

お風呂デビューというのは大事なイベントです。
このお風呂デビューのポイントについてご紹介します。

両親学級や退院指導によって沐浴の方法というのは教えてもらうことができるのですが赤ちゃんも成長をして、自分と同じようにお風呂デビューするのですからどのようにすれば良いのか分からない、というママさんも多いでしょう。
そこで、お風呂デビューのタイミングやポイントについてご紹介します。

お風呂デビューはいつから行うべき?

おへそが乾いてきて、体重がしっかりと増加し、小児科において行われる一ヶ月検診でも医師からOKが出たとします。
そうなればお風呂デビューも可能です。

夏場は、特に汗をかきやすいですので、汗を流すために1日に数回入っても問題ありません。
ただし、石鹸や全身シャンプーの洗浄成分を使用しているお風呂やシャワーの回数が増えることで皮脂は過剰に洗い流されてしまいます。
汗をかきやすい時期以外には1日に1回までにしておいてください。

汗を流す時にはシャワーや沐浴剤でも問題ありません。
気軽にシャワーだけで済ませる日があるというのも良いですね。

赤ちゃんのご機嫌が良ければ少し長めにお風呂で遊ぶのも良いですし、軽く済ませるなど赤ちゃんはもちろんお母さん、お父さんの体調を考慮してお風呂に入れてあげてください。

まずはお母さんがお風呂に入れてあげる

赤ちゃんが溺れないように、怪我をしないように入浴をするならママが先です。
多くの家庭ではお母さんがお風呂に入れることで、より赤ちゃんの扱いに慣れているので安全です。

入浴前にはバスタオルや着替え、おむつにスキンケア用品といったものを準備しておいてください。
お母さんの入浴も同時に行うのなら、お母さんが髪の毛、体を洗っている時には赤ちゃんは一旦お風呂場の外で待っていてもらってください。
そして入浴が済んだらすぐに迎えて赤ちゃんの体を洗ってください。

洗面器に溜めたお湯で水深が5センチ程度でも溺れてしまうことがありますので、お母さんが赤ちゃんから目を離さないように絶対に気をつけてください。

バスチェアを準備していても、お母さんやお父さんが目を離しているほんの数秒の間に滑って転倒してしまうことがありますので注意が必要です。
シャンプーや石鹸、ブラシやかみそりを赤ちゃんが口に加えてしまったり、舐めてしまう場合にはかごにまとめて仕舞っておくようにしましょう。

お風呂の温度は赤ちゃんに合わせるようにしてください。
赤ちゃんにとってのお風呂の適温というのは、年間通してだいたい38度から39度になります。
赤ちゃんと一緒のお風呂で入浴するのであれば、大人にとっての調度良い水温ではなく、赤ちゃんに合わせるようにしてください。
赤ちゃんというのは体の容積が小さいですので、大人と比較して温まるのが早いものです。
顔が真っ赤になって汗をかいてきた時には入浴時間が長過ぎるので注意しなければなりません。

水温が高すぎても低すぎても行けないので、十分に注意をしておくようにしてください。
赤ちゃんの入浴における事故というのはとても多いですので気を抜かないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です