子供の夏風邪に注意!ママが知っておきたい症状と対策方法!

150809330849

新人ママが最初にぶつかる壁の一つが、子供たちの病気や怪我です。

特に季節性によるものは、毎年のようにやってくるので、十分気を付けておかないと行けないということ・・・あまり認識していない方もいますよね?

 

もちろん子供たちには、病気にならないための免疫力があるのですが、それは大人のものと比べるととても低いです。

だからこそ、ママがしっかりと子供達の様子を見ながら、対策してあげることが必要となるワケです。

 

今回は、特に夏に要注意な子供の夏風邪についてまとめていきます。

150809330849

子供の夏風邪は怖い

夏風邪は冬の風邪と一緒に考えている方がいますが、ここではっきり言うと「まったくの別物」と考えておいてください。

実際、その言葉通りウイルス自体が異なる性質を持っているので、冬の風邪と同じように対策していると逆効果になることもあります。

 

夏風邪は暖かいところを好み、高温多湿な環境を好みます。

ママの中には「子供が夜冷えしてしまったら困る」ということで、部屋を暖かい状態にしたままという方もいますよね。

それを夏にやってしまうと、ウイルスの大好物な環境となってしまうのです。

 

一度子供が夏風邪に感染すると、かなり高熱が出ることもあるし、場合によっては嘔吐や下痢などの症状も引き起こしてしまいます。

子供によっては高熱による痙攣を引き起こすなど、ママが気を付けておきたいことは山ほどありますね。

 

夏風邪にならないためには

まず、対策としては暖かい環境を作らず、ある程度乾燥させることが夏風邪対策では重要。

実際に「それって冬の風邪の対策でしょ?全然信用できないんだけど」と思っている方もいますよね。

 

それでは、なぜ夏風邪は夏に流行するのでしょうか?冬の風邪の原理が通用するのなら、夏に風邪を引く人はもっと少なくて良いはず。

夏風邪は思っている以上にタフですし、一度感染すると厄介です。

 

まずは基本的な手洗いうがいをしっかりさせて、外出する時も極力ウイルスを取り込まないようにすることが必要となります。

また、幼稚園や小学校へと成長すると、周りの子供達から感染することもあるので注意してくださいね。

 

風邪になってしまった時の対策

子供が夏風邪を引いてしまったら、安静にさせることはもちろん、適度な水分補給と栄養のある食事が必要となります。

それと、幼児や赤ちゃんの場合は早急に病院に連れていくようにしましょうね!

医師によっては「なんでもっと早く連れてこなかったの!」と怒る方もいるかも。

 

それくらい、子供の病気には敏感になっておくのが、母親の役目とも言えます。

子供は思っている以上にウイルスに弱く、病気になってしまった時の体力の減退は計り知れません。

 

新人ママとなると気づけないことも多いと思いますが、夏風邪の場合は熱が顕著に現れるので、そちらをチェックしておきましょう。

 

 

 

夏風邪などは抗生物質が無いですし、小さな幼児や赤ちゃんだと使えません。

だからこそ、まずは感染しない環境を作ってあげることも親の約目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です